定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。農業以外には、定年世代の方々に帰農を勧める活動、子供に自然体験をさせること、農業体験を希望する方への協力などを推進していく。この辺りにご興味のある方は当BLOGにコメントなどで参加して下さい。

HUAWEI nexus 6P 、電池異常発生

 1年5ヶ月ほど使っているnexus 6P の電池の減りが急激になってきた。数日前に突然その症状が現れたのである。それに昨日くらいからは充電時間も短くなった。android7.1.2(beta)にアップグレードしてからそうなったような気がするが、じつは並行して使っているmedia pad m3とhuawei P9も電池が異常になったので、共通してインストールしているアプリが悪さをしている可能性も否定できない。厄介なことは重なるもので、今週はじめにlineモバイルのシムが届いたので、ようやくLINEをインストールしたところだった。
 lineの機種変更は落とし穴がありそうで嫌だったが、とりあえずP9にlineを移してからnexus 6Pのbetaプログラムを取り消し、ダウングレードをやり始めたところだ。昼間、huaweiのサービスに電池交換の費用を聞いたら6,800+消費税ということなので、これでも症状が出たら交換するつもりだ。nexus 5のときは自分で電池交換をせざるを得ず、電池も偽物しか買えなかったので、huaweiの対応は夢のようだ。

0325電池消費

 ただ、前に書いたように他の端末も電池がどんどん減っていく。これだけでは終わりそうにない。3台の口コミなどをチェックしてはいるが、まだそれらしき情報はない。書きながら様子を見ているが、色々なアプリを受け継いだら改善が見られなかったので、ゼロからやり直している。何ヶ月に一度はこんなことに見舞われる、宿命かな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

モミガラ取り:今シーズン最後かも

0325-0324モミガラ山

 おそらく今シーズン最後になると思うが、モミガラを取りに行ってきた。これまでの散布用・燻炭用とは目的が違い、里芋の植え付け用である。以前、このBLOGにコメントしてくださった啄木鳥さんから教えてもらったモミガラを利用した里芋栽培をやってみるためのものだ。
   里芋を植え付けするときに10cm~15cmほどの深さの穴に
   種イモを植えて土をかけずに(もみ殻)(スクモ)ばかりを多めに
   かけておくと小芋や孫芋は土がつきません。
   そして小芋から根がでませんので、収穫するとき引き抜きやすく、
   土がつきません、きれいな小芋が採れますし収穫が非常に楽です。
   親芋だけが土の中に根をおろします。
   わたしはこの作り方をします。
   来年やってみられては如何ですか・・・。 啄木鳥さんのコメントを引用
   
里芋は、収穫したあとの泥落としや細かい根を取る作業が大変で、昨年のようにたくさん作ると大変なことになるのだが、この方法でどうなるか楽しみである。

啄木鳥さんのBLOGは、残念ながら2月末で更新終了のようだ。残念である。

0325-0204モミガラ山
これは2月4日の写真、その後減っていない

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

山側フェンスの手直し

0323山側フェンス1
        直す前

 山裾の整備をする前に、山際のフェンス下側のトタンを止めたのだが、今日点検したらかなりの割合で外れて地面に倒れていた。ビニロンのロープでパレットに結びつけたのだが、風でトタンが動きロープが切れてしまったのだ。まあ当然かもしれない。そこで、納屋から番線を持ってきて止め直すという作業を行なった。

0323山側フェンス2
        直したあと

 今の時期はちょっと微妙なのである。山というとマムシと山蛭という歓迎したくない連中が出るところだ、田んぼの周りにもいるが。山蛭は、出る時期が彼岸から彼岸という感じなので、温かい日には出てきても不思議ではない。ということで、頑張って色々やっている。
 今日の作業は、ご近所のハウスのビニール交換(依頼工事:先日とは別のお宅)、ホダ木掛けの設置もやっており、慌ただしい一日だった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

ソーラーシステムのバッテリー交換検討中

 ソーラーシステムに組み込んでいるバッテリーは、ソーラーパネルと一緒に友人からもらったのだが、うちに来た時点でかなり劣化が進んでおり、回復機能のある充電器でも8台のうち2台は駄目、バッテリーのインジケーターが良(青)になるのは2台だけという状況だった。一応システムの中で過放電を防止したつもりだったが、うまく動かなかった可能性もあり、最終的にはタイマー制御にしていた。それでも陽が照らない日には放電し過ぎになっていた可能性もある。そのためか、ほとんど蓄電機能はなくなってしまった感じで、現在は10時間に限定してポンプを動かしている。1時間に1㎥程度は組み上げているが、合計10㎥程度では一番狭い2号田んぼ(280㎡)でも4cmにしかならず、稲刈りしたままで代掻きもしていない状態では完全に水を溜めるには至らない。ということもあって、新しいバッテリーを導入することにした。まあ、早晩こうなるとは予測していたので、既定の路線である。

0323ソーラーマニュアル

 ただその前に、ソーラーシステムの要であるコントローラーについては知識が十分ではなく、使いこなしているとはいえなかったので、あらためて取扱説明書を読んでみることにした。残念ながら英語のものしかないので、google翻訳の世話になっているが、読解には少し時間がかかりそうだ。使いこなしのポイントはバッテリーの過放電防止機能が有効かという点、カットオフ電圧を変えられるかということ。それに加えて充電電圧を変えられるか、その前に充電電圧の設定がどうなっているかも確認しないと。そのあたりはどうやらバッテリーとの相性につながり、バッテリーの寿命を最大化するためのキーポイントにもなっているらしい。
 ところで、ソーラー用バッテリーとしては「ディープサイクル」というタイプがいいらしい。アマゾンではGS-Yuasa(日本製)とAC-delco(米国ブランドだが韓国製)、それにおそらくAC-delcoにOEM提供していると思われるDelkor CENE(韓国製)の3種がヒットする。価格は順に安くなり、その差は倍近くである。これの選択も悩ましいところで、現在あれこれ調査中だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

直売所:配達の新経路

 当直売所は、農場最初の年(2009年)のタケノコの時期に始めたからほぼ8年が経過している。2012年にはTV番組「人生の楽園」に出たこともあって、木更津の知り合い農家が出品者に加わり、お客さんもかなり増えて、一段と拡大し(といってもマイクロサイズだが)体制としては確立した。それが5年も継続していることにはいくつかの要因がある。
 うち一つはお知らせメールの発行だ。早い時期から細々とやっていたが、人生の楽園効果でお客さんが急増して大きな柱となった。途切れてしまうお客さんもいらっしゃるが、ネット検索などで新たに加わる方もいて、メールを出している方約40名、アクティブメンバーはその半分、実際に注文してくださる方は毎週10名内外という形で推移している。
 もう一つの継続要因は配達だ。BLOGをたどると、2013年頃から配達を始めたようだ。
    直売所で配達・行商を行おう
 当初は、メールで注文してくださった近隣のお客さんに届けていたのだが、ネット検索でたどり着いたお客さんは近くとは限らない。お子さんのために安全な野菜を求めたいという方も多く、結構重い野菜の配達は重宝に思ってくれているようだ。ということで、今では売上の半分以上はメール注文&配達のお客さんが占めるようになっている。

0321生麦岸谷道路

0321生麦付近b

 ただ配達のお客さんは、もとからの中区内の皆さん以外は散らばっている。一番遠い方は東横線綱島駅のそば、夕方頃はすごい渋滞だ。磯子区や南区・鶴見区のお客さんもいる。さすがに片道15分を超える場合は配達料を貰うことにさせてもらっているが。しかし、お客さんとこちらの都合を考えながら配達ルートを考えるのもなかなか面白い。経路の中で一番遠いルートは磯子区汐見台と鶴見区東寺尾間を結ぶルートだ。これまでは、ベイブリッジの下の道を渡って大黒から抜けて行くのだったが、生麦と第二京浜岸谷を結ぶ道がなく、遠回りをせざるを得ないことが不満だった。ところが先日、港北インターから生麦につながる横浜北線の開通に振られたのだったが、そのときにこの区間を結ぶ市道ができたらしいことを知った。早速利用したが、おそらく10分位は近くなったと思う、これは大きい。まだgoogle mapもyahoo!ナビも新設道路に対応していないが、もしかすると綱島に行く経路もこれを使えば早いかもしれない。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ