定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

4/3会所農場直売所通信 春の野菜いろいろ

今週は、白菜やカブのとう立ち菜、ほうれん草、原木栽培の椎茸が特にオススメです。

数が少ないもの(5袋未満)
芽キャベツ

5袋以上のもの
生椎茸(原木)、春キャベツ、ほうれん草、ブロッコリー(脇芽)、とう立ち菜、小松菜、長ネギ、菜ばな、春菊、玉ねぎ、サトイモ、サツマイモ(鳴門金時)、黒米、梅干し

アブラナ科の花芽では「菜ばな」が有名ですが、実は白菜やカブの花芽は、めったにお店などには出ませんが、クセもなく絶品です。よろしければおためしください。

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達も致します、ご相談ください。

椎茸は、このところの雨でよくできました。来週も採れそうです。
0402原木シイタケ

天井収納も作成

0402天井収納も作成

 結局、今日も時間ができたので天井部分に(長い)モノを置けるようにしてみた。これまでの棚は足元から全て1から作ったものだったが、今日の分は納屋の鉄骨躯体を利用するということで、出ている鉄骨に部材を固定してそれを利用して横架材をかけるというやり方をしてみた。こんな時にはレーザー距離計が便利である。部材の長さを決めるための測定などはとても簡単だった。それにしても、もともとの鉄骨の精度が高くて驚いた。木造とは大違い、と思う。

0402天井収納1

0402天井収納2

 画面左側の壁面にいろいろなものが雑多に掛けてあるが、ここは鉄の扉があるために釘やネジが使えず、針金を曲げた不思議な鈎で吊っている。今回、手が届くギリギリのところだが、ネジ釘が使える角材を付けてみたので、今週後半のトラクターが田んぼに出かけている間にカミさんが片付けてくれるはずだ。
0402天井収納3

 こういう仕事は気に入っているものだから、終わりのはずがまた延長してしまった。納屋の中には要改良箇所はまだあるし、軽トラキャンパー(キャビン)もやりたいところだが、どちらもやり始めるとオオゴトになるので、これで本当に終わる(はず)。田植えの準備に取り掛かろう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田んぼへの給水準備(点検)

0402大噴水

 午後になってから、川水を田んぼに給水するポンプや配管のチェックをやったのだが、スイッチを入れて田んぼに水が出るのを確認して川まで降りようと思ったら、配管の途中からまるで大きな噴水のように水が噴き出している。川から20m以上も揚げているのだが、ポンプが停まるたびに水が川まで戻るため、縦配管の塩ビパイプが負圧で凹んだり割れたりするため、そういう際に空気を入れるための自作バルブをつけてるのだが、それに使用するゴム弁が損傷しているらしく、勢い良く水が噴き出しているのだった。

0402空気抜き弁

 ポンプをとめて弁を外したが、中のゴム弁(ゴム板)は折れてなくなっている模様。これを作ったのは、BLOGによると2年前だったらしい(高揚程配管の負圧破壊防止弁について)。確か2組作ったような記憶はあるが、もう一つは見つからなかったので横浜で材料を買って早々に作り直すことにした。弁はゴムの板を切って作ったのだが、2年しか持たないとは残念である。これの仕組みと働きは問題がないので、弁については何か工夫をしてみることにしよう。

0402再製作


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

納屋の道具棚製作の続き・ほぼ終了

0401納屋の棚

 一次避難していた道具を収めながら棚を仕上げてみた。仕上げといってもペンキ塗るわけでもないし、至ってシンプルな棚である。鎌や手鍬の収納、金槌などの収納は専用の場所を設けた。今のところ余裕がかなりあって、納屋の中の他のところからあれこれ持ってこれそうだ。
0401農具棚1

0401農具棚25


 今回のシーズンオフ作業はこれにてほぼ終了。酷使したインパクトドライバーもしばらくお休みで、次の出番はシイタケ菌の打ち込みのときだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

道具棚-2:製作中

0331道具棚2

 燻炭入れに続き、2番めの道具棚の制作に取り掛かった。1番目は大工道具中心のものだったが、今度は手鍬やハサミ、更にはスコップや鍬・マンノウなどの農機具用のものになる。今回の基本的な考え方は、壁の延長を増やすというものだ。農機具類は壁に掛けたり吊るしたりするのが通常の収納方法だが、結構巾があるので収納効率は低い。そこで、櫛のように壁を出すように考えてみた。

0331道具棚1

 とりあえず櫛の歯の部分の壁を作る。巾は40cm、通常の棚の奥行きと同じくらいだ。これを60cmおきに配置する。全体の巾は1.8mとなる。もともと1.8mの壁の部分に合計5.0mの壁ができるというわけだ。まずは1×4でこの壁を作った。この先の組み立てはちょっと厄介だ。もちろんカミさんには手伝ってもらうのだが、それでも4本を直立させて横材でつなぐのは簡単にはいかない。今回の組み立ては納屋の中でやったので、上から吊るすという手段をとりこれがうまく行った。一応手鍬を入れる棚と金槌を入れる棚まで作って今日はこれで終了。

0331道具棚3

 収納するものによっていろいろ工夫がいるようなので、明日は実際の収納物を入れながら仕上げをしていくことにしよう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農場上空の制空権争い

0330トンビ0

 以前の週末の居場所は三浦半島南部の海辺のマンションだったが、7階だったのでトンビが直ぐ側を飛んだりすることもあり、トンビというのは何と気楽に暮らしているのだろうと、密かに憧れていたのだった。その場所は、小さな漁港のそばだったこともあり、常にトンビをみることが出来たが、山の中の農場にはそれほど頻繁にはやってこないのでちょっとさみしい気もする。
 代わりに大体いるのがカラスだ。今時はオタマジャクシを狙っているのか、いつも田んぼに密着している。そんなカラスとトンビが時々対決することがある。先週も頭上で喧嘩が始まった。前もそうだったが、ここではカラスがトンビを追いかけるのが普通である。トンビはピーピー泣きながら逃げ回っている。「お前、猛禽類じゃないのか」と突っ込みたくなるほど情けない。カラスの方は、追いかけてトンビが逃げまどうのが楽しいらしい。
 それにしても、ここのカラスは横浜あたりのものとはちょっと違う気がする。飛んでいるときに、まるでトンビのように滑空するワザを知っているらしい。上昇気流にうまく乗るようなところまではいかないが、カラスにしては飛ぶのが上手いのだ。おそらくトンビのワザを盗んでいるのだろう。

トンビとカラスの対決シーンは撮れていない、残念だが。
0330トンビ1

0330トンビ2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

(新)燻炭貯蔵庫完成

0330燻炭箱完成

 今日は予定通り燻炭を入れる箱を作った。これまでは、完成写真の左側にちょっと写っている90cm角の合板製の箱2基を使っていたが、合板が剥がれてメチャクチャになってきたので、今回は杉の板を使って作ることにした。これまでの箱は、2012年4月に作ったものだが(4/5の作業は野菜の準備)、当初は燻炭入れではなく抜いた草を入れるために作ったのだった。合板は普通のコンパネではなく塗装してあるものにしてあったが、木口から水も入るし耐久性には問題があるようだ。ただ、今回のスギの荒材も決して耐久性に富んでいるとはいえないので、何年か経ったらまた作り直すことになるだろう。
 杉板は、何時になるかわからないが作る予定の軽トラキャンパーで使う予定だ。その時は表面処理した相じゃくりの板を使うが、PF材を軸にして杉材を壁にする組み合わせはなかなかいいのではないかと思う。耐久性もチェックするつもりだが、塗装をしないと厳しそうだ。
 
0330短辺完成
短辺パネル完成

0330長辺完成
長辺パネル完成

0330予定地整地前
設置予定地(整地前)

0330土は田んぼへ
掘った土は田んぼに移動



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

春の定例・タイヤ交換

0329タイヤ交換

 いつもよりは遅くなったが、冬から夏へのタイヤ交換を行なった。今年はなかなか決断しづらかった。昨日も、夜農場にやってきたのだが、一昨日降ったと思われる雪が残っていたし、今度の週末も天気が悪そうで、南岸低気圧までやってくるそうだ。しかしそんなこと言っていると、何時までたってもスタッドレスで走らなければならないから、とにかく交換した。
 手順はいつもどおり、慣れたものだ。年に2回やるので、だんだん早くなっているようだ。今年は、これまで同時に交換していたホイールナットが実質同等のものと判明し、同じナットを使うことにした。去年の5月頃にタイヤを交換したときにアルミホイールにしたから、同じナットで大丈夫となったわけだ。夏タイヤは新品から半年くらい経っているものだが、前後の溝の深さは0.5mm
くらい違っており、減りの少ないもと後ろタイヤを前に取り付けた。昔のルールでは対角線で交換したものだが、最近は回転方向指定タイヤもあるので前後を交換することにしている。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

レーザー距離計が便利だった

 今週中はスーパービバホームが割引になるらしいので、先週の延長で材料を買って納屋の中の棚増設を続けようと計画を開始した。当然現状の計測から始めるのだが、ちょっと前にハードオフで買ったレーザー距離計を思い出して使ってみた。そうしたら極めて便利な道具であると認識した。これは手放せそうにない。

0329距離計

 実は使う当てはなかったのだが、ただ単に安いからということで購入したもの。買ってからは家の中で試しにチョコチョコ測ってそのままにしておいた。実際に今日のような状態で今までどうしていたかというと、コンベックスを使ってあっちのどこかに先端の金具を引っ掛けて、何かをまたぎながらこちらに戻りメモリを読む、向こうが外れたり途中が折れたりしてやり直し、という感じ。高さも踏み台を使ったりして結構面倒なことになる。
 ところがこれは、片側を決めれば容易に測れてしまう。あっという間に必要な長さを確認できた。まあ、実際にはこれでようやくスタートで、これから計画が始まるのだが、簡単に計測できるため現場で色々検討ができるというメリットもあるように感じた。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

納屋の中の道具棚を作った

0325工具棚製作中

 この前の土日は、納屋の中の道具棚を作った。頻繁に使う、ドライバーをはじめとする工作用機械、ネジなどの小物、畑用のカマやハサミなど、考えてみると沢山の道具を使っているんだが、そうしたものを幅1m高さ1.8m の棚の中に収めるよう、考えながら作ってみた。この他にクワややレーキ、大鎌やマンノウなど、大型の農具も整理したいんだが、今週は時間が取れるだろうか。この棚は急に作り始めたので、材料はありあわせで棚板などはすべて材料が異なっている。それに余っていた木材などはほとんど使い切ってしまったので、材料の購入からやらないとだめだなあ。

0325工具棚ほぼ完成
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ