定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

監視カメラの設置

0121玄関前カメラ

0121庭カメラ

 明日の午後からの天候(雪の具合)をチェックし、場合によっては横浜から急行するために監視カメラを設置した。大げさな仕掛けではなく、使っていないスマホ・タブレットに alfred というアプリを入れるだけだ。このアプリは、カメラ機能とビューワー機能を切り替えることができる。仕組みはよくわからないが、同じ無線LAN内だけでなく外出先からも見ることができる。このような機能を実現するには、通常かなり面倒な設定などがいるのだが、何も余分な設定なしにカメラ役のスマホの画像を見ることができるのは素晴らしい。

0121庭

0121玄関前


 一応、3台のカメラ(スマホ)を設置してテスト済みだ。外に出かけていって繋いでみることもやってみた。もともとのスマホによって鮮明度や安定度に差があり、そのあたりは研究の余地がありそうだ。アプリはなかなかいいが、広告がちょっと邪魔だ。今のところ常設にする方向だが、アプリの有償化も考えてみよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

雪対策

IMG_20180120_125550
今日は雨模様なので、モミガラ取りを見送りつるんつるん温泉にやってきた。名物貝柱カキ揚げ丼を食べながらあれこれ考えたが、どうも今度の月曜が問題だ。南岸低気圧が来るらしい。
日曜夜から横浜に戻るが、天気の具合によっては農場に戻り、雷対策をしなければならないかもしれない。南房総といっても海抜200Mで山の中だから、すぐ雪になるのである。古いスマホで雪の様子を見ることにしよう。ネット経由でできるはずだ。

野帳

0119レベルブック

 野帳はレベルブックとも言うが、今回の工事では随分これの世話になった。おおもとは測量の際のデータを記すためのものだったので、現場監督さんたちの中には使っている人も多いと思う。私は、現場監督さんは(ほとんど)やらなかったが、存在はよく知っていたし覚書帳として以前から使っていた。
 コクヨ製がポピュラーで、市販品で他のものは見たことがない。あるとき、アマゾンで値下げで売っていたので1組(10冊)買い、テーマ別に分けて使用しているが、10冊はまだ当分ありそうだ。

0119レベルブック中身
内側の壁の寸法を書いたページ、結構いい加減

 硬い表紙に挟まれた中の紙は5mm方眼で防水紙、簡単なスケッチを書いたり、寸法を記入したり、数量を書いたりと使いみちは幅広い。今回のえすかる号作りでは、ちょうど1冊使い切った。その間、農業関連のレベルブックはほとんど書き込みが増えなかった。まだ何冊もあるが、次のテーマは何になるだろうか。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

仕事モードへ

 昨日の車中泊場所(道の駅・鋸南町保田小学校)では、夜になってから風が強くなり、朝まで吹き続けた。えすかる号は結構揺れるので、倒れるんじゃないかとか転がったらどうやって復旧しようか、などと寝ながら考えていた。やっぱり狭い箱だから家の中で眠るのとは随分違う。シェルターとしては少し劣るということだ。
 今日の帰りは、ソーラーからの電気を止めて車の発電機でサブバッテリーを充電してみたが、晴れ日のソーラー並みに充電できていたようだ。ソーラーと発電機の併用は強力で、外部からの給電がなくても問題はない感じだ。使用電力量にもよるが。

0119分離作業

 昼頃帰宅して、えすかる号を降ろす作業を始めた。念のため、サブバッテリーや諸々の装備品を降ろして仮柱の負担を減らしたので、全く問題なく作業は終了。しかし、2時間はかかった。色々仕事に使ったあと、2月の後半にはまた載せてみることにしよう。
 
0119仕事態勢

0119休養中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

再びテストラン

夕方前の出発でテスト走行に来ている。幸か不幸か非常に暖かく電気毛布や先日買ったカセットヒーターは、なくてもいい位。用をなさないような感じだ。今日の目的地は 、鋸南町になるのかな 、保田小学校と言う 道の駅だ。廃校になった小学校に手を入れてかなり大きな施設となっている。駐車場も広く、今日は私の他にも数台キャンパーが来ているようだ 。暮れは足柄サービスエリアのぷらっとパークに行ったのだが、今回は道の駅。 道の駅は悪くはないと思うが、残念なことに付属のレストランなどは夕方早めに終わってしまうので 、夕食の場所は別に探さなければいけない。 今日は、すぐそばに 保田漁協がやっているばんやと言う レストランがあって、そこで海鮮丼を食べた。 農場から1時間ちょっとで着いたので時間があまり、館山あたりまで遊びに行って帰ってきた。それでもまだ10時前、仕度をしてこれから寝るんだが、今日は寒くて目が開くというようなことはないんじゃないかな。明日は、のんびり帰って殻を降ろして仕事用軽トラに変身だ。
IMG_20180118_165019-1
IMG_20180118_165304

池の拡張

IMG_20180118_145605-1
カミさんが水生植物(セリ)を作りたいというので、暖いしさっそく上の池を拡げてみた。見えにくいが、トラ縄の手前が拡張部分。4割ほど拡がった。ロープは元の深い部分との区分である。田んぼに流れ出るパイプは左手前に見えている。
これまでもせりは作っていたが、田んぼの一角だったりして手荒に扱われ(扱い)大体消えていた。今度は安住の地にしてやろう。

これから春までの農作業

 停滞していた農作業については、先週あたりから再開している。田への燻炭散布と起こし・山裾の枯れ草刈りは一応終わり、来週からは畑へのモミガラ散布とハウス内への燻炭(作成と)散布を再開する。例年、田んぼの拡張とか暗渠設置、山の作業通路設置、北側隣地境界作更新などを行ってきたが、そうした農業関連のまとまった仕事も一段落している。今シーズンオフの大仕事としては、数年前から町道側の境界フェンス更新を考えていたのだが、軽トラキャンパーに時間を取られたこともあって、今年も見送ることになりそうだ。来年以降も軽トラキャンパーが働くとやっぱり時間無くなりそうだが。ということで、畑やハウス内に堆肥をまいたりして丁寧に耕耘するなどの地道な作業をやることにしよう。

0117借り畑にもモミガラ

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

生活体験(雨漏り確認できず)

 今日は、朝から雨が降り始めて、昼前に一旦上がったけれど、その後降り続く状況。タブレットなどを抱えて2時間ほど中で過ごしてみた。少し気がかりだった雨漏りは殆どないのだが、前にも気づいた入口部床付近の滲みがあるようだ、カーペットが湿っている。前回は特段の対策を講じなかったのだが、明日は何らかの補修をしてみよう。雨の中休みに車ごと動かしたら、水が流れ落ちた。平らな屋根には結構水が溜まるようだが、屋内には落ちてきていないようだ。

0117中の様子

 中の居場所だが、物入れに座ると反対側の窓下に作ってある簡易テーブルがちょうどいい具合。物入れの上で寝るときに使うマットを重ねると座り心地も良くなる。座卓や座椅子も買ってあるのだが、使わなくても良さそうだ。若干ながら軽量化できる。

 下に写っているカセットボンベ熱源のヒーターは、狭い空間には十分で、昨夜試したときには瞬時に暖かくなった。ただ、一酸化炭素中毒には気をつけなければならないようだ。

 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号の重量について

  キャリイの後ろサスペンションは、3枚の板バネ。えすかる号を載せるとかなり下がるので、板バネを1枚足すかどうかを考えている。製作途中で見当をつけたことはあったが、あらためて重量を確認してみた。まあ。概数ではあるが。

えすかる号の場合、大部分が木材である。
壁グループ
横方向 1.4m×1.8m×0.035m=0.0882立米
縦方向 1.4m×2.2m×0.035m=0.1078立米
床天井グループ
床+天井 1.4m×2.6m×0.021m=0.0764立米
骨格グループ
      30m×0.04 ×0.09  =0.1080立米
    
合計で木材関係は0.38立米程度と推定できる。壁と床は3番目の数値が板厚合計で、全て2面分となっている。例えば、天井は0.04×2、床は0.04+0.09である。骨は別。骨格グループのメインは2×4材で、だいたい20m使用。その他の骨格材を含め30mとみた。木材の比重は含水率によって異なるからややこしいが、少し重めに0.6程度と考えると228Kgというところだろうか。金物やネジ釘等は無視できると思う。
その他の装備品で大きいのは、28Kg程度のサブバッテリーを含む電気系統で、トータル60Kg位、その他の装備品(サブベッドなど)は40Kgくらいか。ということで、トータル330Kgが概算値。
揚げ降ろしの際には降ろせるものを除外するから、電気関係30Kgと装備品のうち半分20Kgを除くと、280Kgが空荷状態のえすかる号の重量になる。軽トラの積載重量は350Kgなので、範囲内である。
なお、上げ下ろしに際しては単管パイプ(タテ)+クランプ+ジャッキを4セット使って支えるが、おそらく規格としては200Kg/ヶ所くらいと思われるので、手間以外の問題はなさそうだ。

0117えすかる号定位置
降ろしていないが、軽トラ置き場としてはここが都合がいい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号の残工事など

 温泉旅行で1週間があき、そろそろ溜まっていた農作業も片付けようと思うので、今週が一つの区切りになる。一応完成したえすかる号であるが、少々気になっているところがあるので直すことにした。一つはソーラーパネルからの電気を止めるスイッチだ。制御機器のうちソーラーの充電コントローラーは、バッテリー側からの電気で駆動しているはずで、載せ替えの際のバッテリー外し時にはソーラー出力を止めるほうがいいだろうとの判断だ。昨日、スイッチ周りの配線は済ませてあり、ソーラーから電気が来ていない農場入りの夜につなぎ替える予定。

0115残工事5
左上がコントローラー、ちょっと右の銀色のものがアイソレーター
大体の場合、24%と表示されているポータブル電源から電気を取っている


0115残工事2

 もう一つはハウス側の単管パイプを取り付けるクランプの取付部補強だ。4ヶ所のうち危ない方の2箇所は対策済みだが、残り2箇所を補強する。うち1箇所は、ドアの丁番の取り外し付け替えを含む面倒な作業であり、できれば見送りたかったがやることにした。載せ替えは、手順も多いし時間もかかるのだが、軽トラを普段活用しながらキャンパーとしても使うには必要条件なので、強度的にも問題がないようにするためだ。載せ替えの手順は下に書いておくが、車体との固定手段、電気関係の接続手順が加わっていて、工数は多い。

0115残工事3
補強対策済み部分

 やはり夜間は寒いので、カセットボンベの小型ヒーターを購入した。明日到着予定。今週は一度どこかに出かけて(耐寒)最終テストを行うつもりだ。


軽トラから架台に
① サブバッテリー取り外し
② 固定ベルト外す
③ 固定金物外す
④ バッテリーケーブル外す
⑤ リカメラコード外す
⑥ アオリ板降ろす
⑦ バックで架台に入る
⑧ 前後の横パイプを取り付ける
⑨ 4箇所のジャッキを取り付ける
⑩ ジャッキを順次回す(2回転半ずつ)
⑪ ハウス下にパイプが入るまで上がったら2本のパイプを下に差し込む
⑫ 両側にクランプを取り付け固定する
⑬ ジャッキを下ろし脇に置く
⑭ 横パイプを外す
⑮ 固定具を外す
⑯ アイドリング前進で出る
⑰ サブバッテリー取り付け接続
⑱ 終了

架台から軽トラ
① サブバッテリー取り外し
② 前後の横パイプを取り付ける
③ 4箇所のジャッキを横パイプに取り付け
④ 順次少しずつ上げる
⑤ 少し上がったらハウス下パイプの片方のクランプを外し抜き取る
⑥ アオリ板をおろす
⑦ 軽トラをバックで入れる
⑧ 4箇所のジャッキを順次降ろす
⑨ 軽トラ荷台に載ったらジャッキを外す
⑩ 前後横パイプを外す
⑪ 滑落防止チェーンを取り付ける
⑫ アイドリングで出る
⑬ 後部と両側のあおり板を上げる
⑭ 固定ベルトを取り付ける
⑮ 固定金物取付
⑯ リアカメラケーブル接続
⑰ バッテリーケーブル取り付け
⑱ サブバッテリー接続
⑲ 終了


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ