定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

1/15 直売所通信 冬野菜いろいろそろえました

新年2回めで、少し野菜が増えました。

数が少ないもの(5袋未満)
パクチョイ、チンゲン菜、カブ、大根間引き菜、赤たまねぎ、生しいたけ、桜島大根、切り干し大根

5袋以上のもの
キャベツ、白菜、大根、菜ばな、長ネギ、小松菜、ほうれん草、水菜、サラダセット、人参、春菊、サニーレタス、玉ねぎ、サツマイモ(安納芋・鳴門金時)、サトイモ、梅干し

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達もしています、ご遠慮なくお申し付けください。

apple大混乱

 androidマニアの私は、これまで自身でiPhoneを買ったことがなく、2代続けて娘のお下がりを(サブとして)使っていた。そのうち一台目は、娘がアメリカで使っていたものだが、シムフリーになっておらずIIJは使えないので、wifiでしか使えない。このため殆ど使わずじまいだったが、次はiPhone Xを買った娘から iPhone 6が回ってきた。私自身は huawei Mate 10 Proを買ったタイミングだったが、ちょうどnexus 6Pが駄目になったので、シムが1枚余ってめでたくiPhone 6はシム入りで使えることになった。その後、一応3台めの端末として時々使う日が続いていたのだが、突然例のappleの不祥事が起き、ちょうど少し減りが速いと感じていたiPhone 6の電池を交換することにした。税別3200円は安い。
 今日、サポート窓口に電話をかけたのだが、やはり相当混乱している様子。IMEIは何度も聞かれたし、最初の担当者が明日月曜にヤマトが取りに行くといったのに、ざいごは在庫切れでいつになるかわからないということになり、そのあと担当者が交代して、在庫が復活したら電話連絡するということになり、こんなやり取りに30分もかかってしまった。こっちが録音しておけばよかったな。
 ということで、何時になるかわからないが電池交換して使うことにした。ちなみに、私のiPhone6は、どうやら遅くするシステムに邪魔されてはいないようであった。数日前に更新が来たから、そこで直したのかもしれない。これではやはり、メインはandroidで行くことになるよなあ。

左はHuawei mate 10 Pro 評判すこぶるよし 右はiPhone 6
0114端末2台


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

田起こし1回目

0113田起こし1回目

 今シーズンは、軽トラキャンパー作りをやっていたこともあって、作業はまだまだ残っている。ほとんど残っていると言ってもいいくらいだ。今日は比較的穏やかな天気で、それでも最低気温はマイナス6度ということだから、田んぼを起こして土を寒気に晒すことにした。燻炭散布は1号から4号の3分の1まで済んでいて、少々残ってはいるのだけれど、4号は上流からの養分が集まって足りているはずだから、良しとして耕耘した。

0113田起こし1回目1

 10HPのアグリカは結構抵抗の大きいこうした場合には力不足で、借り畑のトラクターを借りてきて一気に終わらせた。17HPのKe60は頼りになる機械なのである。田んぼは比較的乾いているけれど、陽が当たらない部分には前の雪が残っており、凍土となっており、霜柱よりもずっと固い。水を張る4月頃までに、あと2回位は起こす予定。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

GoogleHomeがやってきた

 12月の初旬にGoogle Homeを半額にするというキャンペーンがあり、大きい方を7000円ほどで買ってみた。スマホやタブレットでOK Googleはいつもやっているので、欲しいというわけでもなく、ただ安いから買ったというのが正直なところだった。しばらくのあいだ単においてある状態で放置し、ときおりスマホへのOKgoogleを横取りされたりしていたが、「そうだ、カミさんも登録してみよう」と思い立った。

0112googleHome

 もともと、カミさんはこういうものに興味が無いと思っていたが、音楽を聞かせて、なんて言うものにも反応するものだから、結構面白がるようになった。極めつけは、掃除していて落としたとき、思わず「あっ、ごめんね」と言っていたのだが、それに対して「いいえ、問題ありません」と還ってきたのが相当気に入ったようだ。私もそのやり取りを聞いていて、びっくりしたんだけれど。

GoogleHomeがやってきた0112

 二箇所居住の当家では、片方だけにモノがあるというのは面白くないので、もう一台買うことにした。ただ、今度はgoogle Home miniという小さい方にして、chromecastも買ってTVのコントロールまでやらせようと考えた。今日、農場の方に届いたのだが、こちらのブラビアはchromecast無しでも色々できるから、chromecastの本格デビューは横浜に還ってからになる。ただ、Google Home mini は、早速仕事を始めている。思っていたよりもずっと面白い可能性がありそうだから、使いこなす努力をしてみよう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

えすかる号の小改良

 日曜以来だが、随分久しぶりにえすかる号を見た気がする。毎日中で寝ていたくらいだからな。さきほど、横浜で買った時計と温度計を取り付けた。どちらもダイソーで買ったものだ。時計などは、船に取り付けるようなしっかりしたものがよかったのだが、とりあえずダイソーの300円で我慢している。ただ、ネジに引っ掛けただけではブラブラするし、ショックで落ちそうだから、ちゃんとした金物を見つけてきて固定した。温度計も動かないように金具で留めてある。

0112時計と温度計

 遮光兼断熱パネルで窓を塞いでいるので、えすかる号の中で寝ていると時間がわからない。手を出してスマホをつけて確認すればいいようなものだが、寒いので少しの間も手は出したくない。ということで、時計に加えて温度計を付けたわけだ。先ほど温度計を見に行ったら+1度だった。今見に行ったらマイナスかもしれないが、とても見に行く気にはならないなあ。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

農閑期温泉巡り(その3)

 10月の高湯(福島県)、12月には伊豆(修善寺と伊東)に続き、今回は伊香保温泉に出かけてきた。北関東なので雪が心配だったし、出発前夜の予報では、出かけた日(1/10)の夜から雪が降って次の日の夜まで降るというものだったので覚悟して出かけた、一応スタッドレスは履いているし。
0112富岡製糸場

 渋川から20分程山に入る伊香保は結構近くて、昼過ぎにはつくという見通しだったので、途中富岡製糸場に立ち寄り見学、16時頃ホテルに到着した。泊まったのは大江戸温泉物語伊香保、伊東で泊まったホテルニュー岡部と同系列である。伊東園グループ以上で星野リゾート(梅)以下というレベルは、どうやら我々にはちょうどいい加減ということで選択した。ただ、ホテルニュー岡部に比べるとこぢんまりしていて、食事や風呂のときはゆっくりできた感じだ。ただ、温泉については今ひとつだったようだ。それに、部屋にはWiFiがなく、PCでのBLOG更新はやれなかった。0112水沢観音

0112徳富蘆花記念館


 2泊したあと、本日農場に帰着。旅行中、予報に反して雪は全くふらなかった。缶詰になるんじゃないかと思っていたが、二日目も、伊香保名物の石段(365段)を上ったり、徳富蘆花記念館を見たり、水沢観音へのお参りや水沢うどんなど、有効に使うことができた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

1/8直売所通信 新年おめでとうございます

ことしもよろしくおねがいします。今回は新年第1回目で少な目です。お早めにご注文ください。

数が少ないもの(5袋未満)
カブ、赤かぶ、サラダセット、キャベツ、九条ねぎ、菜ばな

5袋以上のもの
ヤマイモ、白菜、大根、長ネギ、小松菜、人参、春菊、サニーレタス、玉ねぎ、赤玉ねぎ、サツマイモ(安納芋・鳴門金時)、サトイモ、梅干し

開店前でも中で準備をしていますから、声をかけてください。
配達もしています、ご遠慮なくお申し付けください。

農場は雪

0106雪の農場1

0106雪の農場2


 昨夜、数時間ほど雪が降ったのだが、夜が明けるとまだ白く残っていた。見て回ると足跡もいくつか、

0106足跡1
 
これはネコだと思われる。いつも、まるで自分の家のように(我が物顔で)振る舞っているやつがいる辺りなので間違いない。

0106足跡2

これは正体不明。小さいのでイタチではないかと思う。

 こちらはえすかる号で寝たのだが、前夜同様3%/時間程度の電力消費にとどまった。これなら最弱ではなく少し温度を上げても大丈夫と思われる。昨年暮れから、テスト走行も含めて随分この小さな箱で寝たのだが、十分に眠れるところまでこぎつけたので、そろそろ普通に家の中で寝ることにした。来週は伊香保に2泊で出かけるので作業も風来坊生活もなし、その次の週には百姓に戻るので、えすかる号はしばし架台ぐらしとなる予定。

0106寝袋1

0106寝袋2
 
ずっと使っている寝袋。ダウン1.5Kgを使ったもので推奨温度範囲は▲20度~▲10度と書いてあるが、これだけだと▲5度程度でも寒い。この2日ほどは毛布を1枚かけているが、それでも爺さんはちょっと寒い。電気敷毛布を中に入れて、ようやくしのげる感じだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

電気毛布の電力消費量が大きく変化

 このところ、毎日えすかる号で寝ているのだが、色々条件を変えて様子を見ている。昨夜は、電気毛布を寝袋の中に入れて普通の毛布を寝袋の上にかけた。そうしたところ、一晩で63%減少した一昨日に比べて消費量が大きく減り、24%という数字だった。何かの間違いではないかと思ったのだが、チェックしても問題はない。どうやら寝袋に入れたことでロスが減り、電気の消費も減ったということのようだ。
 今朝は正月と違い曇天だったので、ソーラーからの電気は期待できない。出かける用事もあったので、走行時の車からの充電をチェックしてみた。ほぼ2時間ほどの走行だったが、74%からほぼ満充電となり、晴天時のソーラー並みに充電していた。
 この2点から、昨夜のように工夫すれば電気毛布はポータブル電源の範囲で余裕を持って使えること、晴天でなくとも走行することで十分に充電できることがわかった。

0105電気毛布の電力消費改善
紫の線が改善結果、赤い線は一昨日の消費状況
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

軽トラキャンパー「えすかる号」製作記

14ほぼ完成横浜へ

 2017年終盤のシーズンオフに製作したえすかる号は、軽トラックの荷台に載せる宿泊用の小屋である。米芋などの収穫が一段落した11月の始め頃から作り始め、年末に大体完成した。2017年2月ごろに、軽トラの走行距離が150Km/月程度であることに気づき、もう少し有効活用するために軽トラキャンパーに挑戦しようという記事をBLOGにアップしていたが、次のシーズンオフにそれを実現したわけだ。
 いつものものづくりに比べると準備は十分とはいえず、例えば図面などもちゃんと書かなかったので、あまり効率的ではなかったが、あれこれ工夫したり考えながらやるのはとても楽しい作業だった。かかった期間は2ヶ月弱だったが、横浜に行っているときは作業が中断するし、農作業もやることがあったから、賞味は1ヶ月前後というところだろう。
 平面的には2m×1.3m、高さ1.7m弱と、居住空間としては最低限に近いが、一応電気については充実させており、100Wソーラーパネルを2枚屋根に載せ、更に大型バッテリーとポータブル電源を装備してあり、外部から電気を補充することなくかなりの生活はできるレベルにしてある。仕事柄、春から秋まではなかなか使う余裕がなく冬を中心とした使用形態になりそうだ。
 製作費については、終盤にBLOGで30万円くらいと書いたが、その後あれこれ増えたので40万円くらいになったと思われる。そのうちに整理してみよう。
 
製作プロセスについては、写真で示しながらまとめてみる。

1.架台設置
01置き場

 荷台にえすかる号を積んだままでは、軽トラとしては使えない。使わないときに降ろす台は必需品である。また、載せ替えが容易であることも重要。仮設用単管パイプを使ったが、強度や作り直しなどいろいろな点で良い選択だったと感じている。ただ、載せ替えについてはもう少し工夫の余地はありそう。
 
2.計画
02プラン

 全く考えないでやったわけではなく、スケッチなどであれこれ検討した。雰囲気はそのままできているが、苦労したのは細かい部分であった。大きな点では、載せ替えのときにどこで受けるかが検討不十分で、ハウス側の受け金物の取り付けには苦労した。
 
3.材料の調達
03材料購入

 木材関係は基本的にホームセンターだった。最初のロットはスーパービバホームちはら台店。金物などはいろいろ、カインズの市原店が多かったかな。ソーラー関連など設備関係はアマゾンが多い、基本通販。ハウス組み立ては、架台上だったり軽トラ上だったりしたが、長物を買うときには軽トラで行かざるを得ず、途中の状態のハウスを積んだまま走ったこともあった。
 
4.床と天井パネル
04床パネル

 床と天井は垂木を挟んで合板を2枚合わせる構造とした。天井は4mmが2枚、床は9mmと4mmが1枚ずつ。天井は耐水ベニヤとしなかったので、あとからペンキを2回塗った。1回目は油性防腐・防水塗料。2回目は水性ながら防水・遮熱塗料だった。天井は、それでも重くて二人では限界、暑いベニヤだったら上がらなかったかも。
 
5.フレーム
05フレーム

 基本フレームはSPF材(2×4)を利用。接合部は、シンプソンなどの金物もあるが使わずにネジ釘(コースレッド)を使って留めている。ほとんどノコギリの手挽きだからこのあたりはいい加減だ。筋交いを使ったらという指摘も頂いたが、二重の壁で挟むため不要と判断した。実際のところ、ジャッキで上げ下げするときは三ヶ所でも保持できるほど剛性は高い(今のところ)。それと、載せ替え時には柱に付けた単管用クランプ(4ヶ所)で支える必要が有るため、柱と土台部分の補強には神経を使った。
 
6.外壁
07外壁ほぼ完成

 外壁は杉の相じゃくり板を使った。塗装は木目を活かせる防腐剤のみにとどめてあり、経年変化でシブくなることをねらっている。当初は継ぎ目に防水テープを貼ることも考えたが、雨が降ったときでも漏水はそれほど目立たなかったので、何もしていない。内側には耐水ベニヤを貼るので、防水はそちらに任せるという考え方だ。内壁は塗装仕上のつもりだったが、かなりバチっていて隙間も多かったので壁紙を貼った。
 
7.外装
08塗装と建具関係

 外壁塗装については6で触れた。建具は基本的に自作だった。窓はアクリル板を使用したが、開閉可能なものは隙間があるので空気遮断は無理、窓全体を内側から覆う断熱車高パネルをカミさんに作ってもらい、就寝時はそれを取り付けている。ドアは角材と薄ベニヤで製作、鍵の調整が結構厄介だった。
 
8.内部造作
09内壁や造作

 50cm幅の物入れを作り、この天板を60cm幅にしてベットとして使う。ベッドは60cm幅の折りたたみ型を買ってあり、2名で使う場合はこれも使うが、足の踏み場もない状態になりそうだ。軽トラのキャビン上部は高さ60cm程度の物入れにしてある。このうち半分は電気関係の機器、残りはマットや寝袋などの収納に使っている。
 
9.換気ガラリ
12換気がラリや載せ換え用金具

 物入れの後部には充電時に水素ガスが出る鉛バッテリーとポータブルトイレを置いてある。この部分は物入れの他の部分とは仕切ってあり、換気用のガラリをつけている。
 
10.電気設備
13ソーラーパネル地組み

15電気関連装備

 屋根にはソーラーパネル(100W)を2枚載せてある。これはMPPT方式のコントローラーで制御して出力を次のアイソレーターに送っている。アイソレーターは、ソーラーと車の(メイン)バッテリーから来る電気を使ってサブバッテリー(115Ah≒1200Wh)を充電する。このバッテリーは、井戸汲み上げなどに使っている既存システムで使っていたもので、劣化している可能性もあるため、通常の利用はリチウムイオンのポータブルバッテリー(434Wh)からとしている。昼間はアイソレーターからの12∨出力をインバーターに入れ、それからポータブルバッテリーを充電している。
 今のところ、ポータブルバッテリーの出力で電気毛布(弱)を使うと、一晩で6割位消費しているようだ。老人にとって電気毛布はありがたい。

16装備完了
 
 というようなところが解説付きの製作プロセスだ。あとは、随時気がついたことを書いていくことにしよう。質問等あればコメントしてください。
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ