定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

写真奉行アルバム(01) 杉林

 写真奉行(甥)は、これまでで3回会所農場を訪れており、色々なショットを撮ってくれているが、これまでアップした分は撮ったままのデータを私が勝手にやったものだから、プロとしては残念な気持ちもあったらしい。今回あらためて自身でピックアップして公開用に編集したものが届いたので、これから順次紹介していくことにする。もし、壁紙に使いたいあるいは本物の壁に飾りたいといったご要望があれば、ちゃんとしたデータを提供するべく相談しますので申し出て下さい。


91bca5a9.jpg


 
 それで、一枚目は杉林の写真である。付近にはもう少しちゃんと手入れされた国有林もあるのだが、こういう民有地の林は荒廃が進んでいる。ご覧になってもわかるように間伐もされていなかったため、本数が多くて一本一本は細い。立ったまま枯れている杉さえある。結果として、写真のように暗くて足下には草も生えていない。という状態なんだが、こうやって撮られた写真を眺めてみると、なんだかいい雰囲気である。ここも、竹藪同様に入植前には手を入れたいと計画していたのだが、やはりあまりの仕事量のため断念している。シーズンオフになったら思い切って伐採してもうちょっと明るい杉林にしたい。場所によっては広葉樹を植えて雑木林に換えていったり、蘭などを植えるといったモデルチェンジを計画したい。

2号田んぼの田植え(整理)

 速報の通り、5/9の日に2号田んぼの残りを植えた。5/6に600株、5/9に2100株程度である。5/9は3人がかりで約3時間程度、233株/人・時だから3.9株/分である。1号の時には3.5株/分だったから、概ねこんな数字が今の実力だろうか。
 苗は1号の時よりは成長していて丈が伸びているが、田植えの後水面を上げたら水没するものが多く、また水面を下げたりした。まだまだ神経を使う必要がある。
 
 1週間が経過した1号の苗は順調に育っているが、まだミジンコなどの生物は確認できていない。水面のアメンボウとアマガエル、それに足跡だけだが鹿。イトミミズでも買って放り込もうかと考えている。あと、カブトエビという不思議な生きものも手に入れたいが、ちょっと時間がない。
 続いて3号の均しをやったが、大きな不陸(この田んぼは水上側が低い)があって、それの是正方法などが気になっている。場合によっては来週末も均し作業を行い、その次に田植えということも考えている。
 

草取り

 春たけなわになって、草が一斉に生えてきている。勘定奉行や椎茸奉行は手や鎌で刈っているが、私は刈払い機で一気に刈る係である。日曜の午前中は、沢水パイプのチェックを見送ったため時間ができ、道路沿い(柵の外)を一通り刈ってみた。ここは昔道路拡幅の際に大多喜町に所有権が移り、奥の紫陽花の名所「麻綿原」に続く道だから紫陽花が植えられている。しかし、全く管理されずにツタが紫陽花や柵を這い回っている状態のため、仕方なく刈ることにしたのである。田植えが一段落したら害獣防止のため柵をやり直すが、それにつながるもの。また、沢水のパイプチェックの準備でもある。ただ、ちょっと時間が経過するとすぐに生い茂る「いたちごっこ」なのかもしれない。
 

沢水の状況

 土曜日の時点で出てくる水量が減っていたが、一晩経った日曜の朝も一応よくはなっているもののベストの状態ではなかった。午前中はチェックをしようと思っていたんだが、どうもさわると不調になるような気がしてそのままにしておいた。次の週末はちょっと心配しながら現地に入ることになる。
 1~3号はかなり安定してきてあまり水を吸わなくなった。もうちょっと沢水がちゃんと出れば、川水を電力で揚げるという力業に頼らなくてもいけるんじゃないかと思い始めている。そんなことを考えながらパイプの詰まりを無理矢理直すとろくなことがないのでチェックを見送ったのである。
 

横浜直売所スタート

 GW中に、横浜のご近所さんに作ってもらった直売所コーナーの棚は、コメントのやりとりにも書いたようにとてもよくできている。自分でやったらとてもこうはいかない、こちらは農業に注力しよう。
 一応6月頃のジャガイモを念頭に作成をお願いしたのだが、せっかくだから使ってみることにした。出し物はタケノコと野蕗だ。タケノコはもうピークを過ぎたので今シーズンはこれが最初で最後かもしれない。今日の夕方掘り出しゆでたもの。ワラビはほぼ終了してしまったので、蕗が代わりに登場している。
 
 コメントでは、組み立ての様子をリクエストされているが、先ほど暗い中で撮ったらあまり画像がよくないので、明るいときに再挑戦してみることにしておく。


ab08554f.jpg

育ってきた苗

2d400b76.jpg



 1号に植えたときは異常に小さい苗だったが、1週間経って少し伸びてきている。写真を撮っても写るようになってきた。

沢水のトラブル

 かなり頻繁に起こっているからまたかと思われるかもしれないが、沢水の出方が少ない。水源地の堰からは水が溢れているのに、こちらには少ないとき程度の量しか流れてこない。もう夕方になってしまったから明日まで様子を見るが、いよいよ対策を考えなければならない。針金で突っつくくらいしか方法は思いつかないが、パイプラインの後半は埋まっているためどこを通っているかわからない。それを探すところから始める必要がありそうだ。
 

2号田んぼの田植え

 5/6に、雨の合間を縫って600株ほど植えて中断していた2号田んぼの田植えを、本日再開した。 今回は横浜のご近所さんの応援1名で、3人で並んで田植えをした。5/6時点では、かなり深くなっていて植えづらいと思われた部分は、土を寄せていたことが功を奏し、足は潜るが苗は何とか植えられる状態になっていた。また、前回植えたうちのトロトロの土に差し込んだ部分でも転んだりしてはいなかった。結構気楽にやっても平気だと感じた。
 本日参加のご近所さんは、毎年親戚の田んぼに手伝いに行く経験者。何も知らずにやっている我々のやり方に特に指摘はなかった。こんなものでいいらしい。ただ、苗を少し田んぼの端に置いておくと、補植の時にいいといわれたが、なるほどそうである。1号にも一掴み並べておいた。
 
 2号は2,700株程度。どうやら面積を間違えていたんじゃないかと思うが、意外に少ない。 1号の8割程度しかないということになる。一段落したら、ちゃんと計測して面積も確認しなければ。

736e86b6.jpg

農業と天気

 ウエザーニュースという重宝なHPがある。ピンポイントに近い形で1時間ごとの天気予報を知ることができる。予報はあくまでも予報であり、外れることもなくはないが、地域にしても時間にしてもこの肌理細かさはかなり重宝する。
 予報だけでなく実績データもチェックできる。例えば、この24時間の降水量が26mmだったとか、5/5以降4日間の降水量合計が130mmだった、といったことが判る(いずれも現時点の実際の値)。この数値は大多喜町松尾という8キロほど離れたところの測定値だが、同じような山間地だから大きくは変わらないだろう。
 現地でインターネットがつながったのはありがたいが、もっともうれしいのはこのウエザーニュースをみることができることだった。晴れでも雨でも農業には大きな影響がある。しかし130mmも連続で降ると、作ってろくに転圧もしていない畦道が非常に気になるところだ。

茶の木

 敷地内のお茶の木から新芽をとって飲んだことは書いたが、それぞれの木の現状はかなり虐げられている。おそらく先代さんになってからは省みられることもなかったのだろう。ススキに征服されかかっていたり、健康ではないものもある。ちゃんとした茶の木にしようといろいろ調べてみたところ、実で増やすのはあまり適当ではないらしい。自家受粉しないことから、親とは異なるいろいろな性質が出てくるようだ。結局、挿し木で増やすらしい。ちょうど梅雨の頃がその適期ということだから、ちょっと増やして新しく植えてみようと思う。時間があればの話だが。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ