定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

水温上昇用の溜め池

 沢水の温度が低く稲の生育に影響するのではないかとかねてから心配していたが、久しぶりにやってきた水奉行と一緒に、1号田んぼの手前に小さなため池を作った。容量は1立米内外といったところ。通常の沢水の量だと数十分、最大でも15分くらいでいっぱいになる程度だから、水温を上昇させる効果はあまりない。計測したところでは1度の上昇にとどまった。

cb7ccb91.jpg



 1号田んぼの南側には斜面がありその上に落花生畑があるが、田んぼと斜面の間には2m程度の通路がある。当初の計画では軽トラも通れる道がいるだろうと考えてこのような配置にしたのだが、実際にやり始めるとその必要はないと判った。このため川からのパイプや獣害対策のネットも通路を横断しているところもできて一輪車も通行できない状況になっている。来年までにこの部分を利用して田んぼを拡大することも思案中だが、溜池として利用する方向もあると考え始めている。1号田んぼの4分の一程度の面積は取れるから、水温上昇も期待できるかも知れない。まあ、水を吸う部分も増えるわけで、これもシーズンオフの検討課題である。
 
929b40fa.jpg

   沢水は左から新設の池に入り、右の1号田んぼを通ってこの水路に落ちてくる

 また、1号と2号間の水路はクレソンが根付き始めていたが、この水路を若干拡幅した。クレソンも株分けしたが、これが好調ならばさらに拡幅して池のようにしてみようと考えている。このエリアは新しい池の下になるが、10㎡程度の空きはあるのでクレソン畑にすることも可能である。

水管理(6/7)

6/7 13時現在気温25.2℃
水温を計測した結果は
    沢水出口    17.3℃
    1号出口    27.0℃
    2号出口    34.6℃
    3号出口    34.8℃
    4号出口    34.8℃
    
 沢水の水温はやはり低い。これではいけないと1号田んぼの手前に池を造ることにした(別項)。
 この時点で沢水の量は1.2立米/時程度しかなかったため前日に引き続き水源地に行ってみたところ、泥水で見えていなかったカゴは、本日は確認できたがほとんど泥に埋もれていた。手で落ち葉や泥を取ったところ開通。最大の4.3立米/時まで増え、夕方には2.7立米くらいで落ち着いた。
 
 夕方の水量計測結果は次の通り。
    沢水出口    8秒   2.7立米
    1号出口   15秒   1.44立米
    2号出口   30秒   0.72立米
    3号出口   40秒   0.54立米
    4号出口   流出ゼロ
 当日はほぼ快晴だったからだろうか、田んぼを出る水の量が少ない。まだイネは小さいからイネが吸収する量は知れていると思うが、蒸発だろうか。4号に入る水はかなり少ない。こういうペースでは沢水だけで4枚はきついと思われる。まあ、来週末どうなっているかが気になるところだ。

オタマジャクシ

 夜の田んぼの蛙の合唱は半端ではないが、ときどきピタッとやむことがある。そんな時は鹿でも入ってきたんじゃないかと思うが、先週末以来新しい足跡はできておらず、今のところ防獣ネットは役に立っているらしい。ではピタッとやむのは何故だろう。昼間はカエルやオタマジャクシを狙う蛇が出没しているらしいが、夜も狩りに出ているのだろうか。謎である。
 

a3fb6ab9.jpg



 オタマジャクシもかなり多い。大きさも大・中・小・極小と4種類ぐらいはいるようだ。お腹に卵黄を抱えたモリアオガエルのオタマジャクシが茶色だが、他は基本的に黒い。生れた時期による大きさの違いか、種類による大きさの違いかはよくわからないが、何しろ大小色々が田んぼの中で共存しており、のどかな様子である。

横浜直売所便り

今回はいつもより多めです。
特にワラビはかなり多く用意できました。
あと、ジャガイモを初出荷いたします。
それと野蕗です。
他にも追加があるかもしれません。

ということで、ご近所の皆さま
どうぞお越しください。

防獣ネットの状態

 先週慌てて設置したネットのことが心配だったが、倒れたりといった異常はない。一部、竹竿から外れてたるんでいたが、一応害獣(鹿)が侵入した形跡は見つからなかった。ほとんどの杭は打ち込んだだけで控え柱などの補強をしていないので、追加のネットと竹を買いに出かけたが、残念ながら竹杭は売り切れていた。夏野菜用に買った人が多かったものと見られる。柱の補強は来週になってしまう。

2つの豆

2c2322dc.jpg



 落花生は一部発芽していた。鳥などはまだ眼をつけていないようだが、草がかなり生えており、今のところ落花生よりも優勢だ。落花生はほぼ土を覆うことになるが、それまでに草を抑えなければならない。http://blog26.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#0e4c315a.jpg


 
 
 もう一つの豆は畦に播いた大豆である。発芽は早かったが、どうも播いた数ほどは出ていない。鹿にやられることがあると何かで読んだので、おそらく被害にあったのではないかと思う。ただ、かなりの数を播いたから何とか収穫まで漕ぎ着けたい。

クレソン

d867e1ed.jpg



 1号と2号の間の水路に植えたクレソンは、更に増殖中である。1号の手前を少し掘って、クレソン畑を作ってみたくなった。それほど元気である。

6/6の農作業

 今朝は沢水が少なくなっていた。水源地に行くと、この頃雨がちだからだろうか、取水口の篭が埋もれてほとんど詰まりかけになっていた。いつも通り、一旦パイプを外して鍬で泥を掻きだし、何とか復旧。毎度のことになってしまっているが、そのうち直さねば。

ad0484a0.jpg



 そのあとは4号田んぼの補植である。少し水を抜くと思いの外植わっていた。半分程度かと思っていたが、7割以上植わっていた。やっぱり直線的に植えていくから効率は良く、2人で1時間もかからないくらいであった。ただ、機械で植えたときに無駄な隙間が空いていたり、端には植わっていなかったり、そういう面の無駄があったが、来年の課題。田植えが比較的早く終わったので、午後からは刈り払機で畑の周りの雑草(セイタカアワダチソウなど)を刈ったり、柵をチェックしたり比較的のんびりした一日だった。
 
6241acfe.jpg



 そうだ、一つ重要な仕事をやった。1号の雑草取りである。田んぼの底に小さな草の芽が一杯出ていたので、こんな機械で
 
c67298f9.jpg

 
 
底を削り取って草を取る。そうするとこういう感じに根っこごと浮いてくる。2号と3号はまだ草は見えない。

ad62bbc5.jpg

パチンコ

 我々の子供の頃には「スリングショット」などという呼び名は存在しなかったが、いまはその方がポピュラーなんだろうか。今日帰ったらそれも到着していた。

65cd810a.jpg


 なんだか無骨である。折りたためるがそれでも無骨である。パチンコの玉もいいが、おどかしてご遠慮願うにはかんしゃく玉も良さそうだ。子供の頃は「かんしゃく玉」だったが、いまはクラッカーボールなどというらしい。こんな歳になってからこんなものが必要になるとは思ってもみなかった。いや、必要かどうかはなかなか断言しづらいところである。

pomeraの有効性

 今日は pomera を忘れてしまった。おかげで往復の電車内では居眠りができたが、そのかわりBLOGの記事は書けなかった。通勤時間(とpomeraも)を有効に使うと、かなりのことができるようである。今日はこれからデジカメをいじるし、記事の追加は難しい。


0ec7e20d.jpg

           意外に小さかったデジカメ
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ