定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

納屋の中の昔(4)お釜

 ある時期からはオカマというと別の意味で使われることが多くなったが、正統なお釜はこれ。冷凍冷蔵庫や電子レンジなどはない時代に現役だったはずだから、しょっちゅうこの釜で米を炊くことがあったとは思えない。臼と杵もあるが、餅つきの時に蒸籠を載せて餅米を蒸すといった使い方も多かったのではないだろうか。

a2ef6da4.jpg

  上下は反対、伏せておいてあります。

 大きさは違うがイメージ的には似ているものがある、五右衛門風呂である。写真は撮っていないようだが、これも実は納屋の裏の屋外に置いてある。錆は出ているが使えるだろう、いつかは野天の風呂を作りたいと思っている。井戸の手押しポンプ(ガチャポン)と共に、農業が一段落したら挑戦したい。

できつつある棚田

 2号田んぼの仕上げは比較的早く終了。昼過ぎには沢水を2号から3号田んぼに移した。帰る前に畑Cから写したが、棚田ができつつある。

836a903a.jpg

ふきのとうのその後

 春便りの(1)で取り上げたふきのとうだが、あっという間に蕗の葉が出てきてさらにこんな花も咲き始めている。コメントで天ぷらを食べたいと姪が言っていたが、今年はちょっと無理ではないかと思う。次は伽羅蕗だね。

015e50bb.jpg


 心配は無用、おいおいに書いていくが、ふきのとうはなくてももっと色々なものがあるよ。

3号池の写真

 この前撮り忘れていた3号池の写真をアップしよう。 これはなかなか使える。長靴を洗うときは木杭を両手で持ちながら両足を突っ込んでこすりながら洗う。


65fb9e12.jpg

4日経過した田んぼの状況

 火曜日に注水をやめた1号田んぼは、4日目にしては予想外に水が残っていた。川からの水を入れる山側の方の土は少し出ていて、反対側はまだちょっと水没しているから、なんとなく水の流れる方向に緩い勾配がついている感じでちょうどいい。また、火曜日に注水を始めた2号田んぼだが、こちらは半分くらい土が出ていたが、極端なレベル差はなく東から西へという水の流れに比較的合った勾配になっているようだった。

3caa6de3.jpg

     東側から山の方(西)をみる

46c4f1c3.jpg

     反対側から見る

 今日の田んぼの作業は2号の均し作業となった。いつものように暗くなるまでやって、かなりの部分が水没するところまでいった。明日は朝からウルトラポチで代掻きをする予定。ただ、2号の畦波が一部浮いていて、そのあたりの畦に水が回ってズブズブになっていた。このままでは危ない状態になっていたところだ。次の一週間で3号に水を張るので、そちらの畦もチェックする必要がある。今のところうまくいっているように思うが、盛り土した畦が少し弱い。

78988e95.jpg

     東側から山の方(西)をみる


24de7e53.jpg

     反対側から見る



3097b8c1.jpg

プリンのダイエット

 先日、うちの勘定奉行がプリンの内容量の減少のことを話していた。全く興味のない分野だったが、パッケージをみるとなるほど微妙なカーブで断面が絞られ、もしかしたら底も上げているかもしれない。どうも量が減らされているように見える。

48e2bd57.jpg



 そもそもは、ちょっと前に留学先のアメリカから一時帰国していた娘が指摘していたことらしい。もともとそういう類のものが好きで、しかもコストパフォーマンスには厳しいからちょっとした変化にも反応したのかもしれない。
 プリンについていえば、一時期鶏卵が値上がりしたし、しからば量を減らそうということになったんじゃないか。考えてみると上の蓋兼ラベルは内容量の数字を変えて印刷すればいいし、充填機械も量を変えるだけで良さそうだ。どうも世知辛くなってきている。いろいろなものの容量や重量はチェックしておこう。

配水計画検討中

 最初からいくつもの疑問にぶつかっている。川から揚がってくる水はポンプで圧がかけられた状態で呼び径75のパイプから出てくる。以降は重力に頼って下の田んぼまで送っていくことになるが、「すべて同じ径のパイプでいいかどうか」がわからない。おそらく流量というものは管の径のみで決まるわけではないはずだから、下流で捌ききれずに溢れることもあるんじゃなかろうか。農協の農機センターの人に聞いたが、そういうことは知らないようだ。まあ、あまり形にこだわらずに単なる素堀の水路でつなぐことにした。だが、川からのパイプの終端と1号の間には通路があり、3号と4号の間には通路と沢水の水路を通す予定で、この2カ所にはパイプによる埋設配管が必要。1号の前は同径パイプを直結としてしのぎ、3号4号間は流量減少を期待して、これもφ75を使うことにした。どうもこのあたりは「水理学」といった分野の学問をひもとく必要があるのだろう。そういえばベルヌーイの定理なんていうものもあったが、どうやら関係がありそうだ。
 次の疑問は、「一筆書き的に水を流すことの是非」である。水の出し入れはタイマー制御にするが、個別の田んぼごとに注水するかどうかという制御は、このままでは難しい。2号に入れずに1号から3号に水を送るというようなことには対応しづらいのである。元々東から西への緩い勾配があったことを考慮すると、東側に幹線水路を作って個別の田んぼごとに導入量を設定する方法がいいかもしれない。
 
 まあ、個別田んぼの状況次第ということもあるから、実際に水を張ったり流したりして調べながら考えるが、引き込み電柱の工事がこの週末、モーターの設置が来週中、電気店が東電に協議に行くのが本日と一応進んではいるけれど、実際に電気が来るのが大体2週間後になるということだ。それまでは沢水に頑張ってもらう。

ススキの擡頭

 山(内山)や田んぼ周辺では、ススキの大株から新芽が出始めている。入植直後に刈払い機で枯れた茎は刈ったんだが、やはり当然のように新芽が出てきて、やがて当然のようにのさばるはずだ。イネ科に効果のある除草剤はあるが、イネづくりをするという前提の中では踏み切りづらい。
 ユンボがあるときに、腕の届くところはなるべく掘り返したが、山の斜面より上は届く範囲を超えていた。当分暇にはなりそうにもないが、ある程度の時間は割いてはびこる前に刈り取らねばならない。


e7d1a877.jpg

田んぼの模様

 畦から1号田んぼをのぞき込んだら、不思議な模様が見えた。ナスカの地上絵ほど幾何学的ではないが、雰囲気がにていないこともない(ちょっとこじつけかな)。水を張ってからできたものだと思うが、おぼれそうなミミズが苦し紛れに這い回った痕だろうか。これだけでなく、色々な表情が田んぼにはありそうだ。そんなことも期待している。

02fd0ce3.jpg



47d7a92a.jpg

納屋の中の昔(3)はかり

52a29f8d.jpg



 台の上に乗ると錘を動かして読んで測る。体重が重い生徒がいると錘自体を追加することもあったりする。昔の身体検査ではこんなハカリを使ったことも確かあったと思うが、思い込みだろうか。この納屋のハカリは、きっととれた籾などを量ることに使われたに違いない。
 さっき、Googleで「はかり」を入れて画像検索してみたが、これの同類は見あたらなかった。どうやら完全に駆逐されたようだ。当分置いておき、そのうち自分自身の体重でも量ってみよう。
 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ