定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

ウルトラポチのオプション部品

 1号田んぼの水がほぼたまったところで、あらためてポチで耕運し始めた。キャタピラで踏み固めたり、排土板で削った表土の一部を、トロトロに柔らかくして移動するためである。ただ、今ついているふつうのロータリーでは耕運はできるが土の移動にはほとんど役に立たないことがわかった。カミサンの指摘通りである。

1d050842.jpg



 そこで、ロータリーのカバーに2×4の角材をくくり付けてみた。それだけでは大した効果がなかったため、土を溜められるようにL字型に同じ角材を打ち付けた。そうしたところなかなか効果的で、手作業では先が長いと思われた1号の仕上げも割合早く終わったと思う。もっと大きく鈞平度合いも不十分な田んぼが3枚もあるので、これからも活躍してもらいたいものだ。

7f07ee8c.jpg



 実質1時間程度使用してみたが、10本以上の木ねじで止めた2本の角材が直角ではなくなっている。つまり、ネジが効いていないのである。隣の坊やのアドバイスがあり、△型の板であらためて緊結することにした。

2号田んぼに注水を開始

 1号完了ということで、昨日(3/31)夕方に沢水を2号に入れはじめた。2号以降は南側が切り土となるため、北側のみ畦波シートを入れた。しかし、切り土側も稚拙な腕前のユンボで掘ったから、ガタガタでよく水を吸い込みそうである。果たして次の土曜日にはどうなっているだろうか。

8ce717e1.jpg

1号田んぼほぼ完了

1be838c6.jpg


 水面から顔を出していた土を均して、ほぼすべてを水没させた。水面の下ではなおレベルの差は残っているが、一応完了として次の2号田んぼに水を回し始めた。
 その前に、ほぼ満水状態になったところで、溢れた水を2号に回すようパイプを埋め込んでセットしたが、ほとんど流れ出なかった。漏れる量と入り込む量(0.8立米/毎時)が均衡したのだと思う。
 ともあれ、少なくとも1号田んぼについては、特に川からの揚水に頼らなくても米を作れる状態ということを確認した。比較的順調に行って150~200キロの収穫である。
 カミサンとの相談の中では、ここには古代米(黒米・糯)を在来式(乳苗ではなく稚苗)でやることになっている。

急遽池3号を作る

 最近水奉行がこない中、水の使い方の変更もあるために勝手に池を作り替えた。大きな理由は、田んぼに水を張り始めたため池に入り込む水がなくなり。これまでの素堀の池では水がすぐになくなり、いろいろなものを洗うのに不自由するからである。今回は、ブロックを4個並べた上にトロ箱を置き必要なときに水路を付け替えて水を入れることにした。

3c2923bd.jpg

 写真を撮り忘れた。これは横浜で屋上田んぼだったトロ箱の移動前の写真、これが会所に来ている。

 このトロ箱は60リッター入りで、目盛りもが刻んである。20リッターの時間を計ってみたところ、1分半を必要とした。つまり、800リットル/毎時である。この前は牛乳パックに入れる時間を計ったので誤差があったと思う。このぐらいが実力だろう。このぐらいの数量だと、
 
9df1d029.jpg

 
 
こんなポチに3号池から汲み出した水をジャブジャブかけて洗っても全く不足はない。井戸の立ち上がり水栓から田んぼ敷地内のこの場所まで40メートルくらいあるので、ホースを持ってきたり水栓の開け閉めを考えると、これはやっぱり便利である。また、期間限定(4月から8月)の川からの揚水と違って周年使えるから、敷地内の水路も2系統にして沢水はビオトープ・池・洗い場用とするのが良さそうだ。

ポンプの状態

 川からの揚水ポンプについては、ご近所さんの紹介もあって、いすみ農協の農機具センターに依頼した。農協は高いという意見もあったが、こちらは何も知らないから慣れているところがいいだろうと考えた。
 本日農協の人がやってきて現地の確認をしていったが、うれしいことにポンプ本体は使えそうということが判明した。(昭和40年製造!) 5.5kwモーターは更に古そうだったが、ポンプに合わせれば2.2kwでもいいらしい。農協さんの見立てではもらったモーターでもつけんたんではないか、ということだった。それで、とりあえずモーターのみ交換ということになった。
 ポンプからのパイプも一応生きているようだが、最終端がどこだかわからない。明日にでもスコップを持って探してみるつもりだ。

 ということで、電気店には東電との3kw契約と引き込み工事の手配をあらためて依頼した。

田んぼ造成終了

 4枚の田んぼの造成が、ようやく終わりました。借りていたユンボを返した後は何となく脱力感がありますが、それでも暗くなるまで1号田んぼの土を動かしていました。これはすごい労働で、レーキで土を動かす上半身もフル稼働ですが、ズッポリと入り込んだ長靴は真空状態になっていて、足にも疲労感が一杯です。どんなフィットネスクラブに行っても、こんなに運動しないだろうという感じです、

becb21f2.jpg


 1日いくらで借りているユンボがある間は夢中だったが、送り出してようやく一息ついた感じです。

縁の下倉庫

 農業をやっていると色々なものが必要になるが、納屋の中にはそのほとんどのものが揃っている。驚くほどだ。この数日は杭が百本位必要になった。畦波板を設置するときに杭で挟むからだ。それで、納屋の中を探したが杭そのものは見あたらない。しかし、小屋裏を見上げると色々な長尺の板があった。これを丸鋸で切ればたちまち杭のできあがり。

9d88c3c5.jpg



 しかし、そんな木材の収納場所は納屋だけではない。縁の下に色々なものが突っ込んである。木材だけでなく塩ビパイプなども突っ込んである。

2f5f24b8.jpg



我々についていえば、田んぼらしいものができることはできたが、大事なことが残っている。それは水の出入り口だ。それも湛水時の通常の出し口と干すときの出し口の2種類(兼用でもいいと思う)が必要だ。そんなときに縁の下のパイプも役に立つ。来週末は水の計画が待っている。


54b1130e.jpg


 こちらは納屋の小屋裏の様子。 かなりの木材は杭に化けてしまった。だが、今ちょうど屋根の葺き替え中。穴が開いているように見えるのは途端をはがした状態だから。 実はこの工事で古材が一杯出てくる。縁の下と小屋裏に貯めておく予定。

二度あることは三度ある ポチ潜水

798facb9.jpg

 今朝の1号田んぼは、あとわずかな部分の土が水の上に見えている状況だった。 カミサンは役に立たないと決めつけたポチを使い、露出部分の土を耕耘した。最後の畦よりのカーブを走っているとき、右側の畦に車体がぐっと近寄った。せっかくできている畦を壊すまいと慌てて左にハンドルを切ったら、おそらくデフロックが効いたのだと思うが、その場でスリップしてあっという間にポチの右半身が潜り込んだ。
 ユンボで引っ張ろうとも考えたが、ユンボも潜ったらしゃれにならない。そのうち助っ人登場。カミサンが出てきて斜めになったポチの下をスコップで掘り始めた。私も同じように掘ってみる。しばらくして、ちょっと動かしてみなさいとの命令で、エンジンをかけて動かしてみると何とか脱出した。
 ポチの二回、ユンボの一回で合計3回も田んぼに潜ってしまった。代掻きもちょっと慎重にやらないと。

b850d5db.jpg

田んぼ作りは一段落

 明日の夕方ユンボを返却する。20日から11日間、そのうち一日は本来の仕事のためにユンボは休みだったから、合計10日間使ったことになる。全く未経験だから少し無茶ではあったが、予定の4枚の田んぼは一応形になった。そのうち一枚には水を張り今のところは田んぼらしい姿となっている。だが、レベルの調整はまだ必要で、明日は最後の仕上げを行う。ただ、オートレベルと私とユンボの組み合わせでは完全な水平にはならない。あとは水を張っての代掻きに頼ることになる。
 米作りをやってみたいと思っていたが、こんなことから始めるとは思っても見なかった。が、こんなに面白いことはないと今は強く感じている。測量して計画を立て、工程表まで書いて始めたが、想定通りに行かないのは世の常で、その場その場の工夫の積み重ねもまた面白い。そんな新鮮なことの積み重ねであっという間に田んぼ予定地が姿を見せた。
 
 まだすべての田んぼが使えるかどうかは未確認だが、何となく一つの山を越したような気がする。来月に入ったら、今度は種籾の浸種から始まる本当の米作りが始まる。きっとエキサイティングな半年になると思う。

会所は飛行機銀座

 こんな鄙びた場所だが、上空を飛ぶ飛行機の数はかなり多い。とても多いといってもいいだろう。どうやら成田と羽田両方の航路が上にあるのだろう。風向きの関係もあると思うが、今日の夕方はひっきりなしである。

 上からは今作っている田んぼもよく見えるだろう。GoogleMapなどの航空写真の更新も待たれるところだ。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    • ライブドアブログ