定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

椎茸ホダ木の引越し

 これは予定通り進んだ。運搬車はこの仕事でも大活躍である。

ホダ木の引っ越し

これは結構大変な機械だと思う。

田圃の準備、進行中

 なかなか予定や期待通りには行かないものだが、運搬機に地均しをさせようという試みはまあまあうまくいった。下の写真のように、合板を針金で結んでつぎはぎしたようなモノだが、そのアバウトさが成功の秘訣らしい。

スペシャル運搬車



 ウルトラぽちに耕耘させて柔らかくなった土を運搬車+αで寄せていく。一回寄せただけでこの程度だから、あと1回か2回繰り返せば適当なレベルには収まりそうだ。

造成中の田圃

 
 予定の中でうまくいかなかったのは、竹を切って杭を作る目論見であった。時間がないのである。仕方ないので、明日は畑用の棒をさしてレベル測量をすることにした。一番上の田圃はかなりきちんとするのではないだろうか。水が貯まるかどうかはまだ先だ。
 

今週末の作業

今みえている今週末の作業は次の通り

圃場整備 → 運搬機アタッチメント作成・測量・整備作業
畑整備   → 各ユニット確定・耕運・ジャガイモ植え付け
山     → ススキ刈り・イワツツジ伐採・果樹植え込み
椎茸栽培 → ホダ木移動
竹藪    → 伐採・測量用の竹グイ作成

新着機材として、丸鋸・チェーンソー(修理戻り)

かなり盛りだくさんな内容である。このため前日(本日金曜日)夜から乗り込み、夜なべで運搬機をブルドーザーに変えるアタッチメントを作ることにした。今回は私の母親が同行、ビオトープ担当の弟も参加予定である。

営農上の検討事項の見直し

 農家的生活が動きはじめて3週間だが、密度が高いこともあってかなり様子も見えてきたと思う。ただ、具体的なこと、たとえば田畑の区分や作付け品目などについては煮詰まっていない。このあたりは輪作をにらんだ先行きの計画にも関わるし、たとえば今、ジャガイモをどこにどのくらい植えるかという具体的な課題にも関係している。
 まずは大きなレイアウトだが、田圃については3枚の予定を4枚に変えたが、基本的にはこれ以上細かく分ける考えはない。変更があるとすれば、レベルの関係で畦の位置を変更する必要のある場合の1枚ごとの変更にとどまる。どちらかというと畑の方を固めていく必要がある。
 ということで、100平米のユニットをエリアAに1枚、Bに2枚、Cに3枚作ることにして、輪作を考えていくことにした。次の週末の仕事もかなり詰まってきたが、この計画に合わせて耕耘し直すことも実施項目の一つ。

 もう一つは作付けのローテーションを考えなければいけない。播種から収穫までの時期が重ならないことは当然の条件だが、連作回避のためにユニットごとに1年で移していくというルールも考えようとすると、なかなかややこしい。わずか1年しか実践できなかったが、借りていた市民農園(45平米)も6ユニットに分けていたので、それも参考にしてみよう。
 結果として、6つのユニットをどのように切り盛りしていくかといういわゆるローテーションを考えれば良さそうだ。その中にトウモロコシ・豆類・麦を混ぜていくことにしよう。

農業用機械の現況整理

 すでに書き込んではいるが、納屋に残されていたもののうちで一応使えるようになったのは、ヤンマー農機の耕運機UPー2H(ウルトラポチ)と、コンマ製作所(山形県鶴岡市)のオートキャリアの2台である。とにかく耕すことと運ぶことはできる状態になった。どちらも10年近く納屋の片隅に放置されていたからよくぞ動いたという感じだが、4サイクルOHVなのに3000rpmも回っていないのではないかというエンジンは、頑健なんだろうと思う。ドロドロのオイルが入っていたが平気でエンジンもかかった。(もちろん交換したが)
 ほかの機械は、ヤンマーのディーゼル耕運機、田植え機、バインダー(刈り取り機)、ハーベスター(脱穀と籾スリ)と、米をやるための機械は一通りそろっているが、かなり痛んでいることや、田植え機などはやろうとしている農法と食い違っているため、使わない可能性も高い。不要なものは処分し、要るものに入れ替えていく必要がある。

手荒れ進行中

 今まで手の皮膚が弱いなどと思ったこともなかったが、このところ荒れ始めている。 皮膚がざらざらだし、爪の横の部分などすっかり角質化している。土やガソリン・オイル類に常時まみれているからだろう。革手袋も新しいうちは手が白くなるほど内側には粉がついており、これなども原因ではないかと疑っている。一年も続けると相当に手の人相が変わるに違いない。

元祖シンボルツリー

双子杉

 これは家の門のあたりから麻綿原に向かう道を撮ったもの。右側向こうの小山にちょっと高い樹木が見える。これは杉だが実は双子のように二本が仲良く立っている。午後の遅い時間に撮ったらしいGoogleEarthの画像でも影が長く伸びていて、本当は日当たりの面で問題もあるんだが、すらりと高くてなかなかよい。元祖シンボルツリーとして「小山の双子杉」と名付けることにしよう。家の目印としても役に立つだろう。

 なお、敷地内に引いている水は、この道路の左側に続く山のちょうど正面あたりにある沢から来ている。途中のどこかで道路の下をくぐっているわけだ。

田んぼの均平作業

 いろいろ考えてはいるが、それぞれに問題点がある中で、運搬車の荷台に板を取り付けて土を押せないかというアイデアが生まれつつある。月曜日の出発前に気づいてあわただしく写真や採寸をしたが、ただ押すのではなく斜めの板で片側に押しつける方法が有効に思える。
 本日ホームセンターにカミサンが行くので、板を切ってもらうよう頼んでおいた。ねじ釘を含む金物類は納屋に行けば見つかるので、次の土曜日はこれの作業からスタートとなる見込み。

イワツツジの整理

 先々代さんの残しているものは多いが、その一つにイワツツジがある。キヨスミミツバツツジといわれているようだが、今は葉も落ちてしまっていて、かなりでている花芽のみが期待を持たせている。かなりきれいらしい。
 私は買わなかったが、道の反対側の山の上に広がる畑には、このイワツツジが一面に植えられているらしく、今から期待しているのだが、こちらの敷地にも同じオーナーさんがかなりの数のそれを植えている。きっと代が代わった後の約10年間で大きくなったんだろうが、家の周りと山の斜面ともかなり密度が濃く、枝に緑の薄皮が張るような病気も発生している。
 山の方では、とりあえずイワツツジをよけてススキを刈り払ったが、とてもではないが果樹を植える余地はない。田圃作りと時間の取り合いだが、次の週末にはある程度イワツツジの整理に取りかからないといけないだろう。

田圃を作る(やり方検討編)

 とりあえず田圃にする予定の3反歩のエリアをウルトラポチで耕運した。次いで比較的レベルの高い部分を深めに耕運してみた。その土を低い方に持っていこうという考えだ。だが、納屋にあったシロカキ用のトンボなどでは、到底必要量を動かせない。運搬車を引き入れそれにスコップで積み込んで持っていっておろすという方法にもチャレンジしたが、すぐに手が痛み始めた。
 これではらちがあかないと、農機具屋さんに電話をかけてユン簿の中古を探してくれと頼んだが、人気商品だからあてにするなという返事。別案でレンタルを考えようとしてHPをあたってみたが、どうやら2日間程度の講習が必要らしい。春前の大事な時期に、すでに狩猟免許で2日間はとられるし、これ以上の時間的余裕は難しそうだ。
 最後の手段はどこかに依頼することだが、その前に何とか自身でやってみようと、運搬車を小改造して土を押せるようにできないか考え中である。まあ、水平に均したところで終わりではなく、畦を塗って横からの漏水や崩壊を防ぎ、代掻きをやってそこからの漏れを防ぎながら細かい土を表面に退席させるという作業が続くらしい。今年の時期までに4枚を全て仕上げるのは無理かもしれないと思いつつ、離れていてもあれこれ考えている。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ