定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

ハーベスター

 まだ使えていない機械があるが、そのうちの一つであるハーベスター(移動式脱穀機)が水と同様に気になっていた。試験後に出かけていった理由のもう一つがこれ。ブルドッグ君の後継として使えないものだろうか、という思いつきである。すぐにでも注文して空白を作りたくないという気持ちもあり、どうしても確認したかった。山の水源地をみたあと納屋に入り込みカバーをめくってよく見たら、推測通りシャーシと上の機械部分(この場合は脱穀用)は別れそうだ。操作レバーも走行と脱穀にはっきり別れている。のぞき込むと、汎用のガソリンエンジンやブルドッグで見慣れたギアボックスがついている。

ハーベスタ1


ハーベスタ2


いつも感心するほど先々代オーナーが残してくれている取扱説明書の束を探したら、塩尻にあった会社(カンリウ工業=今も存在する)のハイスレッシャー「あずさ」という機械らしい。そしてページをめくってみると最後にオプションとして運搬台が載っている。つまり上部の機械を外してこれに乗せ替えるのは普通の使い方というわけである。ブルドッグ君の運搬台をこれに乗せれば運搬車、ブルドーザーオプションをつければ2台目ブルドッグ君の誕生である。もちろん規格は違うと思うので、載っけてボルトで一発というわけにはいかないだろう。
ボリュームからいって脱穀部分は重いと思われるが、次の週末(日曜日は試験だが)の実施項目のうちの一つは決定した。

ハーベスタ3

山の水、またまたトラブル

 免許の講習が早く終わったので、横浜に帰らずに大多喜の家に行ってみた。 そのまま帰るとアクアラインの通勤割引の恩恵にあずかれないという問題もあったが、水の様子なども気になった。射撃場から30分もあれば会所についてしまう。到着しても4時過ぎだからまだ明るい。さっそく水をみたら雨が降っている割には元気がない。
 またまた水源地に出かけていった。そうしたら沢の水が結構流れている。本来ならばその水はすべてこちらに来なければならないはずだ。 堰に着いてみると、やはり取水口のかごが半分泥に潜っていて、堰の途中からジャアジャア水が流れ出ていた。例によって近いところの継ぎ手を外し、プラスティックの棒を差し込んで何度か突っつくと、大きな音でパイプから水が流れ出てきた。泥を掻き出し、かごの網についている木くずや泥をとってパイプをつなぎ敷地に戻ってみると、せせらぎは水の音がするくらいの勢いになっていた。1日で少し水が引き気味だった田んぼ4号に、この勢いでどのくらい溜まるだろうか。

 どうもこのままではすぐに詰まってしまいそう、ビオトープ並びに水奉行である弟に検討と善処を依頼した。

狩猟免許の講習

 予定通り狩猟免許の講習に出かけてきた。場所は市原にある射撃場だ。ここは鉛害が問題となり閉鎖中だが、免許試験と講習では使われている。

射撃場


 受付開始時間の20分くらい前についたが、すでに20人くらいは到着していた。年齢層はかなり高め、半分以上は50代60代に見える。結局、本日の受講者は80~90名くらい。平均年齢は50歳以上だろう。講習室に入ると、鳥獣のイラストが貼ってある。狩猟対象かそうでないかは、瞬間的に判断しなければいけないらしい。

狩猟免許講習1


 午前中の退屈な講義が終わると、いよいよわなの架装が始まる。 簡単に見本を示してもらった後は銘々が順番にやってみる番だ。 RookieFarmerは、3回ぐらいやってみたから来週は何とかなるだろう。

狩猟免許講習2

 このように、相当な年輪を感じさせる手が多い。


狩猟免許講習3

 基本的に、こんな絵を見せられて種類をいうテストもある。わな免許の場合、これをみて「ヤマドリ」なんて言ってはいけない。「だめ!」といわなければならない。 なぜなら、わなで鳥は捕ってはいけません。

ブルドッグのトラブル

 水がある程度溜まった田んぼ4号をウルトラポチでならしたが、やっぱり山の絞り水の限界で5分の1程度で切り上げ、田んぼ1号の土押し作業をブルドッグで始めた。調子が出始めたところでブルドッグがその場旋回を始めた。クラッチやギアを操作しても前進でも後進でも同じ。動けば動くほどその場の土が掘れて潜り込むだけ。左側のキャタピラが動かなくなってしまったのである。
 外せるカバーは外し、クラッチワイヤーなどの調整はやってみたが何をやっても直らない。どうやらギアボックスの中のトラブルらしい。一応農機具屋さんに連絡してみたが、もう寿命で直してもまた別のところが壊れるでしょう、との見立て。短い間だったが、常時フルスロットルで重い土をひたすら押すという酷使が最期を早めたかもしれない。

ブルドッグ1


 そんなところに隣の坊やが再登場。一回顔を出していたんだが、中学の制服の試着にいくということでいったん戻っていたが、終わったらしい。ブルドッグが不調と聞くと、さっそく工具を出してばらしはじめた。田んぼの真ん中で動けなくなっているので、バラすのは大歓迎。重い腹を抱えてもぐったりのぞき込んだりはきつい。坊やにまかせると着々と分解されていく。結局エンジンまで外してしまった。
 ということで、進行中の田んぼづくりは困ったことになっている。運搬車は必需品なのでオークションなどをみはじめた。まだ半端仕事しか頼んでいない農機具屋さんにヤンマー製品を注文することも視野に入れている。

ブルドッグ35


ブルドッグエンジン


ブルドッグ4
                       ブルドッグよ、よく頑張った

もうちょっと分解して、田んぼから出さねばならない。

昔のことを聞いた

 先週のこと、先々代オーナーの友達という方が家の前を散歩で通りかかり、カミサンと色々話をしていたらしい。ポチやブルドッグと働いていた RookieFarmer はあえなかったため、本日雨が降っていることもあって押しかけて挨拶してきた。
 その方は80歳、戦後に入植して樹を切ることから始めたそうだ。先々代オーナとは1歳違いだったようだから、一緒に苦労した仲間だったらしい。色々な苦労があったらしいが、驚いたのは電気がきたのが昭和36年ということ。それまではランプの生活だったわけだ。
 その方は1町歩の田んぼを毎年やっているそうで、何でも教えるからといってくれた。が、どうも変わった生徒だから、あまり教えてもらったとおりはやらないんじゃないかな。しかし、前に同じ区のお宅を挨拶して回ったときも感じたが、優しく受け入れてくれる雰囲気が共通している。開墾から始めた皆さんに比べれば楽なもの、機械も使えるし一応食べることに苦労はしない。が、がんばらなければ。
 

田んぼを作る、別の方法を試す

 今まで上の田んぼ(田んぼ1号と呼ぼう)の均しをやっていたが、今日の雨ではブルドッグ号も働けない。今日は対象を変えて、もっとも平らに近い下の田んぼ(田んぼ4号)に雨で増えた水を入れ、ウルトラポチには代掻き用車輪アタッチメント(潜らない、倒れない)を取り付け、代掻き風にやってみた。
 これはもうドロンコ遊びの世界である。ウルトラポチは健気に働き、潜りも倒れもせずにヒタスラ平らにしようと働いている。が、この方法で高低差をならすのはなかなか大変そうということがわかった。カッパが破れびしょびしょになって昼で上がった。明日天気が回復したら、ブルドッグで高いところの土を低い方に持っていく作業をしなければならないようだ。
 
 

山の水止まる、何とか復旧

 朝起きて敷地内の山の水を見たら、雨が降っているにも関わらずどうも少ない。 水源地に行ってみたら堰から水が漏れていた。溜まっている水はかなり多く、取水口の籠は潜っていて全く見えない。仕方なく最も近い継ぎ手を外し、底さらいを始めた。見えない籠を手で探ってみると、半分くらい泥に埋もれており埋もれていない部分も木くずや落ち葉などが張り付いていたため、手ではがし始めた。ところがしばらくすると、どうしたわけか水が出なくなってしまった。これじゃ、開通前と同じである。

道から水源地
                       水源地はこの奥にある

少ない水
                       流れている水が少ない

 
 一旦家に戻り、前回役に立ったプラスティックの棒を取って現地に戻った。籠の目をようやくくぐる太さの棒で、これを外から突っ込みパイプの出口を突っつくのである。しばらくやっているとパイプの先から勢いのよい水の音がした。ほっとしたところで異変が起きた。ブーツが水の底の土に潜り込み上がらないのである。もがいていると反対の足も潜り始めた。そのうち水が入り始めてしまった。何とか両手と片足で一本ずつ引っこ抜いたが、もうデジカメどころではない。勢いのいい水の写真がないのはそのせいである。雨降りらしい水の流れにはなったが、このシステムは結構メンテに手間がかかる。今回は少し上流を堰き止めて水を溜めるようにして、泥やゴミがそこにも溜まるようにしてみた。取水口の籠の外側にもう一段網を巡らしてもいいかもしれない。また今度までに考えておこう。


潜った取水口
                       取水口の籠はこの泥水の中

2/26 現地の確認

 横浜からアクアラインを通り、木更津東ICまで約50キロ、30分。そこから久留里や養老渓谷経由で会所までは山道を30キロ余、1時間程度。久留里からは時折他の車に出会うが、養老渓谷駅あたりからは8時前でもまるで深夜、鹿でも出るのではないかという道を走る。
 到着後、さっそく敷地内を見回った。 山の水は少なめ、雨が降ったのに少ないのはちょっとおかしい。水源地の堰から漏れていると思われる、明日一番でチェックだ。水路をたどると、下の田んぼの上に造った水路から水が漏れ、下の田んぼに入り込んで吸い込まれている。このあたりはモグラの巣だから、そこの入り込んでいるとみえる。一応、川の方に流れるように溝を掘り直した。
 まだ獲物のない時期で、鹿やイノシシは入った様子がない。一応、鉄条網で補修した柵が効いているようだ。あと、椎茸は結構出ているようだ。ということで、特段の異常はない。

今週末の予定

 土曜日の午後と日曜日に用があり、本日の夜から入植地に入ることにした。ただ天気はすっきりしないようで、ルーリン彗星観測も野良仕事も成果は期待薄。特に水分を含んだ土をかき回すのはあまりよくないかもしれない。しかしもう3月にはいるし、作業を空白にするわけにはいかない。
 ということで、今週末の予定を整理しよう。
 田圃については上の田圃の整備を続けるが、東側部分について底や畦をきちんとして、いったい水が溜まるのかどうかを実験するところまでいきたい。
 畑はカミサンの領分だが、畑については100平米の区画を5つとする事にしているので、その確定をしてジャガイモの植え付けをしてもらおう。
 山については、イワツツジの整理や広葉樹の間引き(ホダ木用)などやることは多いが、刈払い機やチェーンソーなどを使う危険な作業だから、足下次第ということになる。
 予想外に穫れている椎茸だが、先週の作業でしっかりした木を選び出しておいたので、少しだけ買ってある菌を植え付けてみたい。
 山の水については、田んぼエリアを南から北にただ流していたが、前回帰る前に下の田んぼの上段の畦沿いに経路を替え、西の川の方に流れるようにしてみた。下の田んぼエリアはモグラの巣窟で、水の流れは穴の一つに吸い込まれていたが、どうなっているだろう。上の田んぼの仮整備が進めばそこに水を入れてみる。

 ということで、カッパを用意してがんばろう。

ビオトープ

 これについては RookieFarmer の弟に担当になってもらっている。この間の週末にはやってきたが、水の流れをみただけに留まっており、具体化は今後のようだ。まだ内容が固まらないうちにこちらの期待も整理しておこう。
 こちらの田んぼでは常時湛水をしない予定だ。一方で、色々な生物がやってきて暮らすような田んぼにしたいという気持ちもある。だから、今4枚と想定している田んぼのそれぞれについて、干したときに生き物が逃げ込めるような待避所としての機能を持たせて欲しいんだが。

 それ以上は何も条件をつけないのでよろしくやって欲しい。 →弟
 
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ