定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

ラベルつくり

作物を売るということになると、ラベルも作る必要がある。
その前に屋号も必要である。
一応、Rookie Farmer's 会所農場 という商号にしようと考えている。
曇らないポリ袋に貼ったり、ヘルメットや道具にも貼っていく予定。

品物用はこれ
会所農場4

道具など、どちらかというと属人的なものにはこれ。最初はヘルメットに貼る。
会所農場5

横浜無人SHOP案

まだ椎茸がちょっとたくさん穫れるだけなんだが、勘定奉行から横浜宅に設置する無人販売用棚の絵を描くよう指示がでた。決して暇ではないのだが、何しろ「パワーショベルに乗ろう」をやっていると遊んでいると思われるんだから始末が悪い。さすがに作るまでは無理と思ったのか、能力的に無理と判断したのか、製作については横浜宅のご近所さんに依頼する模様。
普段は塀沿いに畳んで収納しておき、売り物があるときに引っ張りだして道路側に置くという仕掛けである。6月のジャガイモ100キロまでにできればいいと思うんだが。
ただ、先週の収穫分の内からある程度はご近所の仲間に販売したらしい。まあ、新しいホダ木の原資になるんだろう。投資回収のサイクルになればそれはありがたいが、米奉行としてはなかなか難しい。

今週末の作業(3/20~23)

 明日レンタルする重機が到着するため、作業としては田んぼ造りに専念する予定。
 電車の中などで、暇さえあればレベルをプロットした航空写真を見て頭の中でシミュレーションをやってみた。その結果は当初考えていた工程とはかなり異なってきている。工事中の安全ももちろんだが、あとの漏水や畦の崩壊を懸念した結果、地山を大事にする方向で見直した。前の書き込みにそれを折り込み、プロセスを具体的にしてみた。
 1号と4号については、まず最初に外周部を想定田んぼレベルまで帯状に掘り起こす(現状レベル>想定田んぼレベル部)。その後土を押して(南→北、東→西)均平。
2号と3号は基本的に土が余るはずだから均しレベルを上げる。一応畦レベル、見当としては現状地盤-40cm程度である。土を押して(南→北、東→西)北側畦レベルでほぼ均平する
この段階で各部のレベルを確認しながら外周部(つまり畦の位置)をキャタで固める
次に田んぼ内表土を排土板で削りながら畦のレベルに盛り、バケットで押さえる
最後に、畦際にバケットをつっこみ畦波シートを入れやすくする
以上が標準的サイクルである。

2号3号の南側畦はかなり高くなるため、畑Cと1号間の土手の角度で勾配をつけ、クローバー種子を播くことにしよう。
北側畦を固める際は、バケットをGLスレスレにしながら北向きに前進するといった注意をしながら進める。

いよいよ明日から圃場整備を始める。仕事の都合で24日は作業を休むが、25日から再開して31日まで一気にやる予定だ。BLOGへの書き込みもなかなかできない可能性はあるが、同じようなことを企てやってみようという方のためにも、記録として進行状況はとっておきたい。また、一体どれほど手間・暇がかかるのかという生産性に関わる情報も重要と考えているので、後で整理したい。

丸の内線の変身

 東京メトロの丸ノ内線がワンマン運転となるらしい。6両編成の地下鉄でワンマン運転というのはずいぶん大胆だ。確かに、黒い前垂れバッグを提げた車掌さんが乗っていたバスは、今ではワンマンが当たり前。都電もワンマンになってはいるものの、地下鉄でも本当に大丈夫かいという疑問もなくはない。
 何年か前、普段乗っている銀座線の先頭車両あたりに営団職員がいて、停まる位置のばらつきをチェックしていた。そのときに調べたところでは、すでに発進停止が自動化されていて、停止時の精度を調べているということだった。電車でGO!のように女子高生にブーブーいわれることもないわけだ。それもワンマン化の伏線とは露ほども思わなかった。
 比較的最近、丸の内線のホームに新幹線のようなゲートができて、これは人身事故防止のためだろうかと漠然と思っていたが、やはりワンマン運転の布石とは全く気づかなかった。
 まあ、合理化というのも悪いことではないが、ちょっと気がかりなのは非常事態である。たとえば地震、火災、停電、運転手の急病といった状況で大丈夫だろうか、という疑問がある。まあ、生まれてこの方効率最優先の世の中を生きてきた団塊世代の反省も多分に含まれているが、もう省力化のための投資という時代ではないように思う。

ユンボ作業の準備(ハードウエア編)

 パワーショベルに乗ろうというソフトは、作業に追われる土日以外はコツコツとやっている。カミサンには理解されず、どうやら遊んでいると思われているようだが。
 一方で、レンタル業者に頼んでいたマニュアルも届いており、すでに何度か読んでみた。3分の2くらいはこうしたらいけないという安全上の注意だが、確かに危なそうだ。金曜までに注意事項をまとめてセルケースに入れたものを作ろう。一番危ないことは、運転席やアームを後ろ向きにして作業したときの移動だ。この場合は移動用レバーの向きが逆になる。つまり前に倒すと後ろに下がってしまうのである。段差の上から下を掘るときなど、ぎりぎりの位置につけていて逆に間違えて動かすと実に危ない。反対向きにしなければいいのだが、取説によれば排土板とバケットがぶつからないように、下を掘るときは後ろ向きにつけることを奨励している。そういうときに前後を間違えないよう移動用レバーに札でもつけるようにしよう。

直売所検討中

 一番近い直売所は道の駅「たけゆらの里」である。椎茸が早くも自家消費の限界を超えたため、生産者登録をするかどうかについて様子を聞きにいった。
 それによると、組合員となる必要があり、入会金2万円、年会費5千円、土日だけでなく平日も出品することなどが求められており、片道30分もかけていく必要があることを考えると、果たして申し込む必要があるかどうか、という素朴な疑問が生まれてきた。
 今後、いろいろ穫れてくる生産物をどう捌いていくか、についてはじっくり考える必要がある。カミサンは、近所の仲間への販売や横浜の家に無人販売所を作るべく検討を始めた。こちらもインターネット経由での販売方法を検討することにした。今のところ椎茸だが、本当に問題となってくるのは100キロ以上は穫れるはずのジャガイモからだ。ボリューム的には落花生やトウモロコシ、冬の大根・カブなど、もちろん米も引き取り手を捜すことになるだろう。うまくいけば、だが。

田んぼ予定地のレベルと作り方(ほぼ最終)

 ドロナワというかぎりぎりというか、金曜日からの重機作業を控えて、何とか最終測量が完了し計画を決定した。といっても、やりながら変わる可能性も残されている。
 田んぼのレベルについては、これまでそれぞれ別に計測していたが、今回それを同一基準で整理してみた。その結果、個別に考えていたのでは判らないようなことも見えてきた。
 ① 田んぼエリアのレベル差は最大2.4m
 ② 概ね西側の山(川)に近い方が低い(東西レベル差平均50cm)
 ③ 北側隣地に接する部分はほぼ水平である
 ④ 全体的に北下がりであり、各田んぼ北側の畦は元地盤より
   30~50cm程度の盛り土となる。
 ⑤ 逆に南側の畦は、想定畦レベル(北側畦上端と同じ)から更に
   高くなっている。
 ⑥ 個別の田んぼのレベル差は、1号、4号は比較的小さく2号3号は大きい。
 ⑦田んぼ用地の東西側はレベル差が大きい場所などがあり、
   当面は田んぼに組み入れることを避けることにした。
   

 結局、田んぼの面積はまた減って、1号(320)2号(440)3号(380)4号(600)、合計は 1,700平米程度となった。検討するうちに、田んぼの水位が現状地盤以上という箇所がかなり多いと判明したため、崩壊防止の意味もあって畦の幅を大きくする必要もあり、今年は余裕を持って田んぼづくりをする考えだ。

 全体の地盤レベルをプロットした航空写真を見ながら作業の進め方を考えたが、ユンボの排土板(ブレード)でひたすら田んぼのレベル(畦レベル-25cm)で均平し、同時にキャタピラで踏みならしながら耕盤というプールの底の働きをする土の層を作る作戦を採ろうと思う。畦はその後にしよう。できた耕盤はいじりたくないので、今年は稲たちに頑張ってもらい、自力で耕してもらう。土の状態も判らないので、肥料もやらないつもりだし、そのためにも逞しい苗を作りたい。

アクアラインの渋滞

 いつものように20時までの通勤割引に間に合うように(19時30分くらい)圏央道木更津東ICから入ったら、アクアラインの渋滞情報が出ていた。それは「海ほたるー浮島8km20分」というものだった。
 理由は書いていないので自然渋滞と思われたが、いつもの空いた様子からはかなり意外だった。近づくにつれ渋滞距離は減り、P満車状態の海ほたるまでくると半分程度に減ったからトンネル渋滞もやむなしと突っ込んだが、ちょうど解消するタイミングだったようで、影響はほとんどなし。
 アクアラインが1000円になるのは20日からだが、潮干狩日和の影響だろうか。ところで、このアクアライン値下げは週1往復する我々にとってとても嬉しいが、通勤時間帯(朝6ー9時、夕17ー20時)に縛られないということもありがたい。昨日は薄暗くなるまで仕事をしてあわただしく片づけて、出た時間は18時25分くらい。7月頃だと19時半頃までは野良仕事もできるはずだ。ああそういえば、草刈りと草取り大変だろうな。

初蛭が出た

 いつもでてくる隣の坊やが、「長靴の中にきっと蛭がいる」と言った。こちらは自分の作業に忙しく、「ふーん」などと生返事していたが、しばらくして坊やの持ち場に行くと、ちょっと小さめのようだが、写真で見た山蛭がつぶされていた。(写真は撮ったが、よく写っていません、次回をお待ちください。)
 坊やは、その直前に鹿の入った痕跡を見つけ、以前有刺鉄線を張ったあたりにネットを重ねて張ったりしていたので、そこで鹿の置き土産をもらったんだと思う。その辺には確かに真新しい痕跡が残っている。それもどちらかというと入ったというよりは出ようとした痕跡のようである。早くワナ免許合格通知がきてほしい。
 私の方も、日曜最後の仕事が鹿の遊び場のあたりに杭を打って水糸を張るというものだったから、蛭にやられるんじゃないかと半分期待しながらしゃがんで仕事をしたんだが、どうやら平気だったようだ。蛭を捕まえたら、塩や薬をかけたり、いろいろ実験をしてみたい。

ユンボの準備

 今日はほぼ一日かけて、4枚の田んぼのレベルを最終的に決めた。 図面を書く時間はなかったのでオートレベルで基準を出して、エイヤっと決めた。一応、低い側の畦の高さに合せ杭を打ち、水糸を張った。

80abb2e9.jpg

 
 
 順調になった沢水は、ユンボの作業のため田んぼ予定地には入れないように臨時水路を作り川の方に流すようにした。今日までは4号田んぼに入れていたのだが、やっと3分の1程度に水を張れた程度、水を入れるのをやめた途端どんどん地面に吸われていった。果たして水もちのよい田んぼになるのだろうか。
 

ee86fca6.jpg


 左が3号、右が4号。 適当に掘るとどうしてもグニャグニャと曲がる、水路も畦も畝も。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ