定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

更に大きなハマーH2

 仕事場から新橋まで歩いている途中、こんな車をみた。

0d5c4902.jpg



a915f452.jpg



 普通サイズでも圧倒されるハマーH2をリムジンにしたもので、長さは普通の車の倍くらいはありそうだ。ご存じの方も多いと思うが、もともと軍用車だったハマーH1の派生車として生まれたものだったと思う。特異な雰囲気のH1とは成り立ちが違い、なんだか大きなブリキ細工のようであまり好きではないが、こんな大きさだと一度乗ってみるのもおもしろそう。調べてみると1時間4.5万円で借りられるようだ。

溝切り

 1号田んぼに溜まっている水が抜けないから意外に水保ちがいいと喜んでいたが、いいことばかりではないらしい。今のままだと、干そうとしてもなかなか水が抜けないし、これからまだ3号や4号を仕上げてGWに田植えといっても、その時に田んぼが良好な環境になっていない可能性も高い。
 そういう目で調べていたら、溝切りという作業があるらしい。実は先ほど、塩ビ管の継ぎ手(チーズ)などを通販で買った。この逆T字型のパイプで水抜きとオーバーフローを切替えるつもりだが、今週末は溝を切りながらこれを設置するという実験をやってみよう。3号にも水が溜まっているはずなので、その仕上げもやりながらということになる。

腰痛とのビミョーな関係2

 作業が本格化する前に持病の腰痛についての懸念について書いたことがある。その後、大多喜に行くと毎日スコップや鍬、レーキを持って土と格闘することが日常となっており、今までの生活とは全く違うタフな状況が連続しているが、幸いなことに年に数回はあったはずの動けないほどの腰痛には見舞われていない。
 チクリと痛むことはあるがロキソニンを服用したり、重労働の時にはコルセットで腰を締めあげるなど、神経を使ってはいるが、なにやら体質改善の兆しも感じられないことはない。時々載る体脂肪計付き体重計の計測結果では、体重は恐ろしい数値から低下しつつあり、体脂肪率も低下傾向にある。それとズボン類はきつさが弱まった。(緩くなったのレベルはまだ)
 そうしたメタボ脱出的な話とは別に、風邪をひかなくなっているんじゃないかという気がする。自分的には咳やくしゃみと腰痛の因果関係がないとはいえないと思っているからだ。当家では、人口が少ないから風邪の菌もいないんだろうという安易な結論を出しているが、とにかく健康であることほどありがたいことはない。

田んぼ作りの経済計算

 よし、自分でやってみようという方のために、今回の田んぼつくりの費用関係を整理しておく。まず、前提条件を整理しておこう。

 今回の敷地は約3反歩、元々は3段の田んぼだったが、約6年ほど前に畑とするためにすべて角を崩し、緩斜面の畑として一時使用し、その後は耕作を行わずに草を刈る程度の手入れがしてあった土地である。

 今回のために購入したものとしてオートレベルがある。これはレーザーレベルに駆逐されつつあるためか、インターネットオークションで比較的安価に購入できる。本体よりもむしろ三脚を買う方が若干面倒だと思う。私の場合はセットになった中古品を7000円弱で購入した。計画を立てたり、途中経過をチェックしたり、出来上がりを確認したりいろいろな場面で役に立つ。今回は傾斜地だったため、特に有効だったと思う。
 もっとも働いたユンボだが、これのレンタル費用は概ね6000円/日だった。ただ、往復の配送料が結構高く、合計40000円程度。これは場所により差が出てくるはずだ。また、ユンボを動かすには軽油が必要である。使用した総重量2t程度の小型で、1日フル稼働で20リッター程度必要だった。私の場合、後半はユンボを降りての手作業も混じったため、使用量は150リットル程度だろうか、それで1万5千円ていど。
 仕上げに畦波シートを使ったが、これは30センチと35センチを混用した、長さは20mである。店により差があったが、1本あたり1100円程度。全部で500m程度必要と思われたが、結果的に南側の切り土部分の畦には使用していない。360m位買ったが、ちょうどぐらいかな。これが2万円程度。
 ということで、人件費をゼロと考えれば16万円程度がかかった費用である。


 だが、手間は相当かかっている。オートレベルを使用した測量的なことを何回もやっている。その結果で計画をして、それに従って杭を打って水糸を張ることも2回はやっている。また、ユンボでの作業が終わった後にも、手や耕耘機を使って均平する作業が平均で田んぼ1枚あたり1日半から2日程度必要である。田んぼの平均面積は500㎡くらい。
 最初のうちには、どこかに請負ってもらうようなことも考えたが、測量・計画・施工という一連の作業をすべて任せると一声100万円程度はかかると思う、全くの推定だが。しかも、最終の田んぼへの仕上げは別になると思う。これから配水計画を具体化しなければならないし、といったことを考えるとやはり自分でやらざるを得ないかなと思うし、やってみてこんなにおもしろいことは滅多にないんじゃないかと感じた。ただ、私の場合本職が建築関係であり機械類に対してのアレルギーはなかったが、といっても以前自分で操作をしたことはなかったから、やればできると思われる。漏れがあるかもしれないが、これがほぼ全体像。もし同様のことに挑戦される方がいたら、協力しますよ。

木の下にあるもの

 ここは赤坂溜池に近い裏通り、昔ながらの料理屋が軒を並べている。

f6fae2c9.jpg




 そのうちの一つに「木の下」という店がある。筆者はこういったところとは縁がなく、幸か不幸か厄介になったことはない。

dfd0f442.jpg




 そばに寄ってみる。駐車禁止の看板とコーンはこの記事にはあまり関係がないが、そばの白線に注意してみよう。

6fbc125b.jpg




 よく見てほしい。木の下にありそうなもの(モミジの葉っぱの痕跡)が永久保存されている。これはいったい意図的なものかどうか、とても気になる作品である。

e910dd86.jpg

フライング浸種

7d82f71c.jpg



 先週末に、おそらく先々代さんが栽培していた古代米(詳細不明、白米のようだ)を横浜に持ち込んだが、畑奉行は早速自分秘蔵の古代米(黒米、モチ)とコシヒカリをあわせ3種類の種籾を浸種してしまった。先週、4/12を浸種開始ということで予定を伝えていたんだが。これで予定はかなり狂ってしまう。
 畑奉行は、私が計画している乳苗からの栽培はどうも自分の流儀にはあわないと考えていたようだから、1号田んぼ、古代米は自由にやっていいといっていたんだが、水に入れた籾は田んぼ2枚分位はありそうだ。
 こうなったら、1号は古代米2種とし2号はコシヒカリとしていずれも在来型の方法でやってもいいかな、と思い始めた。SRI農法がうまくいくという確証もないところだし。そうなると、今回浸けた分は1ヶ月後くらいに田植え機で植えるということになるかな。

会所からの春便り(8)土筆

4ef06928.jpg



 これとセットのスギナは、土壌が酸性になっていることのバロメータだというが、当方の敷地内には滅法多く生えている。今回の週末は椎茸奉行(母親)が同行したが、農作業には基本的に関わらないので、土筆を採って佃煮にするという作業を担当してくれた。ワラビのおひたしと並んで土筆も出されたが、これも春の味である。

会所からの春便りシリーズ(7)梅

792bf2a1.jpg



 梅の花はもうとっくに終わってしまったが、ここで取り上げる理由がある。

2daab35a.jpg




 納屋の扉に先々代さんがチョークで書いたと思われる字がいくつか残っている。その中に「梅 大 18kg」というものがある。これはおそらく屋敷裏にある梅の木の収穫量だと思われる。先代さんが入れた植木屋が切りすぎて数年間実がならなかったそうだが、もう回復しているだろう。「小5kg」という文字も残っているが、これは山の麓にある梅の木ではないかと思う。これは樹勢が弱っているようだからどうだろうね。
 畑奉行は、いち早く梅干し用の紫蘇の種もまいたようだし、梅干しや梅ジュースには期待がふくらむ。といっても、実は梅干しは嫌いな私だった。
 

落花生到着

 昨年借りていた市民農園で作った落花生が美味だったし、そもそも千葉でやるんだから落花生はメインにしたいと畑奉行を差し置いて考えていた。だから入植前から種は探していたが、ふつうの種屋では結構高い。そこで考えたのは食品としての落花生を売っているところから生の落花生を買うことだった。八街の半立ち専門店出由(でよし)という店に一応聞いたら、「なにも処理はしていませんから種として使えますよ」ということだったので、そろそろシーズンが近づいたこともあって先日注文をしたところ昨日到着。
 
5e6b284a.jpg

 
 
 400gで¥800という生落花生を3袋購入、送料が¥630だった。実際に植えるのは5月の後半くらいと考えているが、とりあえず若干を水に漬けて発芽の具合を確認してみる。畑奉行との交渉にもよるが、一応200平米程度は植えるつもりなので余った部分は試食である。もっとも、田んぼにならない区画があればそこはすべて落花生という最後の手段を考えてもいるんだが。
 米は別として、落花生なんていうものは最も好きな食べ物といってよく、千葉の半立は相当高いから味のない中国産の落花生に物足りなく感じているところもあり、手こずる田んぼは来年から落花生だ。

会所からの春便り(6)ワラビ

 ふきのとうが芽生えたあたりは、そういった宿根草のエリアとするため、耕耘機も入れないつもりだ。ふきのとうは別の記事のように終わってしまったが、ワラビが生えているのを畑奉行が見つけた。私も見に行ったが今のところはまだ10本程度、ただインターネットで調べるとどんどん採っていいということだから、これでワラビも楽しめる。ところがこのあと新しい展開が。

95e0c2e7.jpg



 畑奉行がご近所の先生と話しているときにワラビの話題になったそうだ。そうしたらそこの家の使っていない畑にワラビがいっぱい生えており、「じゃ、さっそく採りに行ってみよう」となって、山ほどワラビを採って帰ってきた。おかげで、昨日の昼夜はワラビの山が出てきた。これからもまだまだ採れるはずではあるが、これも春といっていいだろう。ありがたいことにご近所からの野菜のプレゼントも多く、栽培のサイクルが回らなくても食べるのには困らない。


d456341a.jpg

     すごい勢いでみんなの胃に入ったが、まだ残っていた
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ