定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

穴ホリデーだった午前中

 前の記事で書いたように、午前中は昨日の雨の影響で田んぼは無理、そこで敷地内のいろいろな問題点を片付けることにした。

 まず最初は、畑Cにある椎茸小屋(といっても屋根もない)の整理である。すでに椎茸がどんどん発生するホダ木は別の場所に移動してちゃんと管理しているので、役目を終えた残りのホダ木を処分することだ。穴を2カ所掘って埋めたが、ユンボの穴を掘る能力はたいしたものだ。

d98196ba.jpg




 次は、畑Aにある小山を崩すことだ。また、周辺にはいろいろなゴミも埋められているため、ここでも穴を掘って埋めるということを3度ほど繰り返し、平行して山を崩してあたりを均した。 深く掘ると泥岩が出てくる。みんなでかなりはじき出したが、耕耘機の刃にあたりそうだ。

ついに注水開始(田んぼ1号)

 朝のうちは昨日の雨の影響で田んぼにユンボを入れても泥濘をひどくするだけで、スタートは午後にした。本日の作業は、田んぼ1号に畦シート(波)を埋め込み、水を入れることだ。 と書くと簡単だが、実際には暗くなるまでかかってしまった。
 鍬やスコップで溝を掘って入れていく方法だと結構な作業となるため、途中からユンボの爪を入れる方法にしたが、それでもちゃんとした高さにはなかなか合わず、手作業はどうしても残ってしまう。それにしてもオートレベルは大活躍である。これがなけりゃかなり苦労したはずだ。
 ということで、一段落したのは日暮れ時になった。さっそく沢水を注水してみた。

6407b7fc.jpg


 1号は320㎡、沢水は1分20リットル=1.2立米/時だから、12時間で14.4立米。計算上は4.5cm溜まることになる。ただ、今日の沢水はちょっと少なめだったようだし、どうなるだろう。明日朝が楽しみである。

会所の夕空をバックにした田んぼ1号。溜まり始めた水に映るそらもきれいだった。

071bd38a.jpg

粘土層

 田んぼ作りをしていて土を削っていくと、しばしば粘土層を削ることになります。 写真の少し色の薄いところが粘土だと思います。 削った後は固まっていてつるつるした感じですが、バケットに入った粘土は粉っぽくなってさらさらしています。 
 実はこの粘土がクセモノだと思います。ウルトラポチやユンボを呑み込んだのは、水を含みこねられたこの粘土だろうと思われます。といっても、こねたのは自分ですから、粘土に罪はないのかもしれません。粘土はむしろ役に立つもので、おそらく田んぼの水漏れを底で防いでくれるんじゃないだろうかと期待しています。


c87ad180.jpg

曇りのち雨

 ユンボでの作業と平行して、1号田んぼの畦作りを始めた。 畦波シートを入れるんだが、なかなか入っていかない。鍬で溝を掘って入れる方法で1枚(20m)を入れたところで雨が降り始め、この作業は中断となった。
 私はユンボに戻り、西側が土不足の2号田んぼをやり始めた。全体のレベルを下げることも考えていたが、3号田んぼを少し拡大し、そこから土を調達することにした。 やはり、レベルを下げると土が余り、始末に困るからである。
 雨はなかなか降り止まず、田んぼ予定地のは水が溜まり始め、粘土質の土がヌルヌルになってきたためやめることにした。通常、12時間でなくなる軽油が半分しか減らなかった。明日がんばろう。

今日も疲れました。 いつものように9時就寝5時起床という感じだね。

2a8f43b1.jpg

田んぼについてまたまた考える

 作業しているときはユンボの一部になっているため、その場その場の判断に集中しており、全体についてはなかなか考えにくい。ということで、今は作業員を離れてちょっと考えている。
 今回、1号と4号から着手したが、比較的平坦に近く最初の練習に適していると考えたからだ。緩傾斜を切り土盛り土で2段の田んぼにする2号と3号はその次とした。一応粗均しは完了したが、それぞれの仕上がり状態にはかなりのばらつきがある。それぞれ別に、状況とこれからの進め方を整理してみる。
 まず1号田んぼだが、これが一番レベル差が少ない。もちろんなくはないが、高いところ低いところ共に集中しており、それをならすのは比較的容易と思われる。明日の作業復帰の最初はこの均しの詰めとして、あとは畦づくりと代掻きに移ることにしよう。
 2号と3号については、北側の盛り土部分が固め切れず、しかも元地盤レベルより畦や想定水位が高いことから、問題が発生する可能性が大きい。漏水や崩壊などである。このため、レベルを下げて作り直すことにする。本当は30cm位は下げたいが、3号の西側部分で発生している土不足はあるものの、その不足量を遙かに上回る土が発生することが問題。これはまだ検討中。
 小型トラクターもユンボも呑み込んだ4号田んぼは、はっきり言って手こずる存在になってしまった。水たまりに土を入れようとユンボで押していっても、最後までは押し切れない。これはトラウマになっているかもしれない。まあ、明日も雨が降るというし、乾いてから作業ということで、当面は後回しだ。でも、ユンボが這い出た穴や、押し切れずに残っている水たまり周辺の土の山が散在している。実は、隣の坊やが直した運搬車で健全な土を該当個所に運んで埋めてもらおうとしていたのだが、動力伝達用のベルトが滑ったり、アクセルワイヤーが引っかかるというトラブルが発生しており、その奥の手が使えないのである。まあ、私自身いやがってはいるが、1号の次に田んぼとして仕上げるのは4号しかないので頑張ろう。


元の状態はこちら

1号は、一番整備が進んでいる
2a16e252.jpg


2号、向川は土が足りず盛り土できていない
514250ac.jpg


3号は、右側の土堅めが不十分
cf5b471d.jpg


4号、ユンボが潜った場所は写真右側の更に右、まだ土が山になって点在している
c070d31f.jpg

写真奉行

 別の記事で甥っ子を写真奉行にすると書いたような気がするが、実はプロである。とにかく、家系の行事があると巨大なデジカメやら広角のコンデジと多くの機材を持って現れ、普通ではない写真を撮ってくれる。

353c0e34.jpg



 その写真奉行から週末の写真の一部が届いたが、その内の1枚がこれ。うちの竹藪というと、暗くて動物臭はするし、折れた竹が散乱する「何とかしなきゃ」という場所なんだが、この写真で見る限りなかなか雰囲気の良いところに見える。私などは、写真といえば記録であり、状況を伝える情報の一つと考えているが、写真家の人は何気ない風景でも隠れているものに気づく力があるんだろう。きたときには、この調子でいろいろ撮って欲しいと思う。

沢の土砂

 池2号にもちょっと書いたが、現在の水源地はきわめて健全な状態で、取水堰に流れ込む水量とパイプに流れ込む量が均衡している。というか、沢の水量がパイプ以降のキャパシティ以下という状態だ。その結果として、以前は取水堰に沈殿していた土砂がパイプを経由してこちらまできているのではないかと思われる。
 もっとも、今はちょっと上流に簡単な堰を足しており、そちらに沈殿している土砂は少なくないと考えているし、池2号に書いた土砂がそのちょっと上にある洗い場(水路を広げて長靴や農具などを洗っている)から流れているものもあるだろう。
 ということから、敷地内のパイプ出口に一時的にトロ箱を埋めて様子を見ようと思う。結局、土砂がきていると田んぼに入ることになるので、どの程度かの確認も必要だ。

 それと、この場を借りて水奉行さんにお願いだが、こういう池は長靴などは中で洗ったりするが、手桶などで汲んだ水で何かを洗うことも多い。勘定奉行に不評なのは、汲むときに水面が下すぎるということだろう。汲む場所と直接洗う場所があり、汲むところが上ならそこはいつも水がきれいということになるぞ。よろしくご検討のほど、お願い奉る。

921007aa.jpg

田んぼの整備状況

 4日間ユンボを使ってみた。全くの初心者だから2日間くらいは思うようには動かなかったが、3日目には大体いうことを聞くようになった。埋まったのは4日目だから、基本技術以外のことはまだまだといったところだろうか。作業を振り返ると、1日で500㎡程度の地均しはできることがわかった。もっと大型の機械を使ったり、習熟してくれば当然生産性は向上するはずである。
 今回の仕事の基本的内容は、傾斜地を切り土と盛り土で水平にするというものである。方法は一つではなく色々あるはずで、排土板で削っていく方法もあるが、一度深めに掘ってある程度の土を脇に置いたあと、残っている盛り上がった土を排土板で押して、低めのレベルで均していく方法が効率的のようである。(浅めに掘るというのは帰って難しい)脇に置いた土はレベルの低いところに押していき、そちらのレベルを上げるために使うことになる。
 何回もレベルを出して、目安になるような杭も打込んだが、土に埋もれたりしてあまり役に立っておらず、レベル差はかなり残っている。これ以上は人力で畦をきちんとして水を入れて代掻き作業をすることになりそうだ。
 別に写真もアップしようと思うが、もともとの緩傾斜地を段付きの平地にするのは2号と3号であり、1号と4号はある程度は平らになっていたもの。1号と4号は仕上げに移す予定。残りの二つについては、レベルを30cm程度下げて作り直すことを考え中。傾斜地だから切り土と盛り土部分があるが(当方の場合、南側が切り土北側が盛り土)、切り土部の崖が結構硬いことと盛り土部分は水を溜められるほどの堅さに固めることが困難という事情である。
 
 これまでは比較的順調に進み、早く返却することも考えたが、この2号と3号のやり直しで2日は必要なことから、30日に返す予定で工程を組み直すことにした。本日は本来の仕事に戻っているが、明日から1週間休んで田んぼ造りの後半戦に挑戦する。来月に入ったら苗の準備も始まり、田圃の整備との追っかけっことなる。今月中にある程度の見通しを立てておきたいところだ。

バックホー沈没

 ポチの沈没で恥をさらしたが、今日はバックホーが埋まってしまった。同じ4号田んぼだが、1週間水を入れずに干したつもりだったが、雨もあったりして所々に水が溜まっている状態だった。水溜りに土を入れようと走り回っていたらぬかるみにはまりかけた。あわてて前後のどちらかに逃げようと焦るうち、キャタピラが完全に埋まるほど潜り込み、二進も三進も行かなくなってしまった。
 キャタピラだから平気だろうと油断したわけではないが、まあこんな状況になるとは思いもしなかった。ただ、今度はユンボである。前や後ろを掘ったり、アームで突っ張ったり30分くらいいろいろやって、何とか逃れそうになったんだが、蟻地獄のように再度沈没。
 そこへカミサンと隣の坊やがスコップ持参で登場。バックホーでだめなのに人力は無理だろうと思ったが、キャタピラ周りと腹の下の泥を掻き出し、何とか脱出。本日の疲労のほとんどはこれである。ああ、写真を撮る余裕もなかった。

池2号

 先週15分で作った池の場所に、水奉行ともう一人の弟(BBQ奉行)、それと甥(写真奉行)達が池2号を作った。
 掘っただけとは違いなんだか手間はかかっているが、一番使う勘定奉行兼畑奉行(カミサン)の評判はあまりよろしくない。水面が下がっているため、使いにくいんだそうだ。 田んぼ奉行兼山奉行(私)が長靴を洗おうと中に入ったら、沈殿している泥に足を取られ、なかなか上がれなかった。
 水源地が好調で、どんどん水が来るのはいいが、沢の砂もかなり流れ込んでいるようだ。


池2号

水奉行殿、  次回は改良してください。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ