定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

畑Aの開墾

 畑Aは畑奉行の管轄だが、中に山積みになったゴミや土があったりしたため、ユンボで粗均しはやっておいたところである。そろそろ植え付けを始めるというのでウルトラポチで耕運をしてみた。ところがここは石ころだらけ。先代さんが古畳などのゴミを入れたときに深く掘った形跡があり、石やレキのある層まで達していたようだ。私がユンボで掘ったときは気がついてそこまで掘らなかったつもりだが、結果的には石を混ぜ込むような形になってしまった。
 ということで、畑奉行は石拾いから始めていた。田んぼの作業が比較的軽かったので私も応援したがかなり厳しい状況である。例によって納屋を探すと、ふるいも針金の熊手も出てくるので道具には困らないが、慣れない仕事をやらされる体は音を上げる。ここを開拓したころはもっと大変だったはずで、そのことを思いながら頑張るだけである。

fbcd3ae0.jpg

川からの揚水

 土曜日に電気店が引き込み電柱を建てて制御機器をつけていった。13日に東電が引き込み工事を行うとのことだ。今週のどこかで農協がモーターを設置してくれるはず。まあ、何とか間に合うが、大量(かどうかはまだ不明だが)を流し込んだときにどうなるか、通し水的に流したときにどうなるか、といったところまでは十分チェックできない可能性が大きい。経験がないため心配は多いが、きっと何とかなるに違いない。
 日曜日には水奉行がきて、川に堰を作るというので付き合って降りていった。こちらは取水管の状態をチェックしたり、先端を深いところに入れたりしていたが、水奉行はせっせと石を積んでいた。何でも石を積むと魚が寄るということらしい。まあ、積んでくれれば取水部の水深も深くなるのでありがたいが、河原の石積みだから成果は期待できないだろう。
 水奉行はその後も隣の坊やを助手にしていろいろやっていたようで、わさびやクレソンを栽培したりドジョウの養殖をするといっていた。どうやら敷地内整備より川に関心がいったようだ。

83bb7289.jpg

田んぼ作り詳報(4/05)

 昨夜は風呂から上がったら起きていられず、棚田の写真をアップしたにとどまってしまったため、ちょっと詳しく説明しておきたい。

 1号田んぼは、注水停止後4日目だったが、予想外に水が残っていた。さんざん水保ちが悪かった、と聞かされていたが、いまのところそうでもない感じである。逆に、SRI式の入れたり干したりというサイクルがどうかなと気になるところだ。排水については、オーバーフローだけでなく水を抜く方法も考えなければ。
 2号田んぼは注水4日目だったが、盛り土の畦から漏水していたので、やはりそれが弱点だったという感じだ。細かい凹凸があったため、水没部分は半分程度だったが高いところを崩して均したところ翌日にはほぼ全て水没した。これまでのところは順調と言っていいと思う。

0a51ff18.jpg




 3号と4号が残っているが、3号については作り方から考えて2号とよく似た性質と思われる。ただ、元々の勾配が西下がりだったところに逆に水を流す計画であるため、その点が少し気がかりだ。具合によっては4枚の田んぼに一筆書きルートで水を流す考えを変える必要があるかもしれない。4号はウルトラポチとユンボを1回ずつ飲み込んでいる。1~3号と同様ユンボで堅い底は作ったつもりだが、沈没箇所についてはあまり踏み込まなかった。水保ちへの影響や田植えの時底なしにならないかといった心配をしている。それもこの2週間で見えてくる。

f55d39bd.jpg

                沢水注水後、約5時間が経過した3号


 ということで、2枚については何とか田んぼになりそうだ。

納屋の中の昔(5)筒仕掛け

 子供の頃の夏休みというと、決まって兵庫県の真ん中あたりにある田舎に行ったものだった。中学から高校生だった叔父が遊び相手になってくれ、いろいろな田舎の遊びを経験したが、その一つにつけ針というものがあった。ハエ縄漁のようなものだが、昼の間に捕ったミミズを長い糸についている枝バリにつけ、暗くなってから川の縁や田圃の間の用水につけておき、翌朝回収しに行くのである。獲物としては、ウナギやナマズ、ギギというナマズに似た魚などがとれたが、それを食べたかどうかは覚えていない。

32fd3c30.jpg



 そのときの道具の一つに、小型の筒仕掛けもあった。叔父がミミズをつぶして入り口の竹に塗り付けているのをみていた記憶がある。私も釣りはやったが、水奉行は私より長く深くやっていたから、今度こんなものも持ち出して横の川でウナギでもねらうことにしよう。まあ、こちらが山蛭にねらわれる方の確率が高そうだが。

 昨日あらためて川に降りてみたが、ウナギがいそうには思えなかった。水奉行は、堰を作れば魚が寄るということで頑張っていたが、どうだろう。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。

納屋の中の昔(4)お釜

 ある時期からはオカマというと別の意味で使われることが多くなったが、正統なお釜はこれ。冷凍冷蔵庫や電子レンジなどはない時代に現役だったはずだから、しょっちゅうこの釜で米を炊くことがあったとは思えない。臼と杵もあるが、餅つきの時に蒸籠を載せて餅米を蒸すといった使い方も多かったのではないだろうか。

a2ef6da4.jpg

  上下は反対、伏せておいてあります。

 大きさは違うがイメージ的には似ているものがある、五右衛門風呂である。写真は撮っていないようだが、これも実は納屋の裏の屋外に置いてある。錆は出ているが使えるだろう、いつかは野天の風呂を作りたいと思っている。井戸の手押しポンプ(ガチャポン)と共に、農業が一段落したら挑戦したい。

できつつある棚田

 2号田んぼの仕上げは比較的早く終了。昼過ぎには沢水を2号から3号田んぼに移した。帰る前に畑Cから写したが、棚田ができつつある。

836a903a.jpg

ふきのとうのその後

 春便りの(1)で取り上げたふきのとうだが、あっという間に蕗の葉が出てきてさらにこんな花も咲き始めている。コメントで天ぷらを食べたいと姪が言っていたが、今年はちょっと無理ではないかと思う。次は伽羅蕗だね。

015e50bb.jpg


 心配は無用、おいおいに書いていくが、ふきのとうはなくてももっと色々なものがあるよ。

3号池の写真

 この前撮り忘れていた3号池の写真をアップしよう。 これはなかなか使える。長靴を洗うときは木杭を両手で持ちながら両足を突っ込んでこすりながら洗う。


65fb9e12.jpg

4日経過した田んぼの状況

 火曜日に注水をやめた1号田んぼは、4日目にしては予想外に水が残っていた。川からの水を入れる山側の方の土は少し出ていて、反対側はまだちょっと水没しているから、なんとなく水の流れる方向に緩い勾配がついている感じでちょうどいい。また、火曜日に注水を始めた2号田んぼだが、こちらは半分くらい土が出ていたが、極端なレベル差はなく東から西へという水の流れに比較的合った勾配になっているようだった。

3caa6de3.jpg

     東側から山の方(西)をみる

46c4f1c3.jpg

     反対側から見る

 今日の田んぼの作業は2号の均し作業となった。いつものように暗くなるまでやって、かなりの部分が水没するところまでいった。明日は朝からウルトラポチで代掻きをする予定。ただ、2号の畦波が一部浮いていて、そのあたりの畦に水が回ってズブズブになっていた。このままでは危ない状態になっていたところだ。次の一週間で3号に水を張るので、そちらの畦もチェックする必要がある。今のところうまくいっているように思うが、盛り土した畦が少し弱い。

78988e95.jpg

     東側から山の方(西)をみる


24de7e53.jpg

     反対側から見る



3097b8c1.jpg

プリンのダイエット

 先日、うちの勘定奉行がプリンの内容量の減少のことを話していた。全く興味のない分野だったが、パッケージをみるとなるほど微妙なカーブで断面が絞られ、もしかしたら底も上げているかもしれない。どうも量が減らされているように見える。

48e2bd57.jpg



 そもそもは、ちょっと前に留学先のアメリカから一時帰国していた娘が指摘していたことらしい。もともとそういう類のものが好きで、しかもコストパフォーマンスには厳しいからちょっとした変化にも反応したのかもしれない。
 プリンについていえば、一時期鶏卵が値上がりしたし、しからば量を減らそうということになったんじゃないか。考えてみると上の蓋兼ラベルは内容量の数字を変えて印刷すればいいし、充填機械も量を変えるだけで良さそうだ。どうも世知辛くなってきている。いろいろなものの容量や重量はチェックしておこう。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ