定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

ポチの沈没

 雨がちだったこともあり、山からの水は比較的順調。沢に行ってみたら堰から漏れた水も多かったが、こちらにきている水もパイプの容量のMAXに近いようだから、今回はそのままにしていじらずに敷地内の作業に専念することにした。午前中は電気店と相談したり、枯れかけた樹を切ったりしていたが、午後になってかなり水が溜まり始めた田んぼ3号をポチでかき回す作業を始めた。何往復かした後、ポチが泥濘に取られはじめ、ついには前にも後ろにも進めなくなってしまった。もがけばもがくほど深く潜り込む。

b340518f.jpg



4be98462.jpg




 隣の坊やにカミサンも加わり、前後の泥を取ったりしたのだが、事態は一向に改善されない。そんなことを一時間くらい繰り返したが、ついにお隣に援軍を求めることにした。しばらくしてユンボに乗って坊やのお父さん登場。やっぱりユンボは強力である。何とか脱出成功。その後の泥落としが大変だった。


534e1d56.jpg



a5a1d67d.jpg



ウルトラポチの田んぼ用オプションをつけて走っていたんだが、どうやらその使い方を間違っていたらしい。指摘を受けて羽根をせり出させた。この状態で走っていたら沈没しなかったみたいだ。知らないことは本当に恐ろしい。

なかなか便利な納屋、素晴らしい

 家には26坪程度の納屋と5坪程度のスチール倉庫が付属している。引き渡し時点で後者は空となっていたが、売り主さんとの約束で納屋に入っている農業機械や道具類のほとんどはそのまま引き継いだ。いずれも10年近く陽の目を見ずに保管されたままだったようで、ホコリが積もり年季もたっぷり入っている。だが、きちんとしておられたらしい先々代さんは、もの別に整理されているし、素晴らしいことにこんなものがあればいいんだがと感じるもののほとんどは入っているという感じだ。
 道具については、鋤・鍬・スコップなどの農具、のこぎりやトンカチ等のものをつくるためのもの、農業機械のメンテ用、出番はこれからだが農業用のいろいろな資材などが置いてある。もちろんお約束の臼と杵もある。これだけいろいろなものがあるとそれだけで間に合うことが多い上に、必要なものそのものがなくても工夫で代替するケースもとても多い。農業とは工夫だということをこんなところでも感じている。
 26坪というと狭い家1軒分くらいの広さだが、多くの資機材を入れようと思うと、決して広すぎることはない。高さも結構あるから、小屋裏までいろいろなものが収納されている。こういう広い空間もなかなかいいものだと思う。田舎の農家ではこうした納屋がつきもののようだが、なくてはならない存在なのである。おそらくこの納屋は40年くらいは経っていると思うが、トタン葺きの屋根は寿命を迎えている。近所の大工さんに頼んで、ガルバリウム鋼板で葺き替えるように頼んだ。

雑誌「現代農業」マニア

 農文協(農産漁村文化協会)という出版社は、いざこの道に踏み込んでみると、なかなか興味深い書籍を多く出してくれている。図書館でどんどん借りているが、3分の2くらいはここから出版されたものという感じだ。
 ここから出版されている雑誌で、「現代農業」というものがある。2月号から定期購読をはじめ、特集の関係で1月号も買い足しているが、この本の記事・内容についてはちょっと驚いた、カルチャーショックを覚えたという感じだ。そもそも雑誌というものについては長い付き合いを続けている。四十数年にわたり購読を続け、ほとんど全てを保存しているカーグラフィックなんていう雑誌もあったりする。小中の時に呼んでいた「子供の科学」というやつも大きな影響を与えてくれた。そんな私が何に驚いたかというと、毎月本当に豊富な内容を満載していることだ。農業について常識はないからかもしれないが、「へー」と感心することが満載なのである。農業をやっている方に共通しているのは、自分なりの独自の工夫を重ねていることだと思うが、そういったことを良く吸い上げているし、ちょうどいいタイミングで雑誌に載せているところもなかなか素晴らしい。また、広告の数も非常に多いが、いずれも独自の工夫の固まりであることがすごい。世の中ではインターネットで集められる情報が多くなってきている傾向にあるが、残念ながら農業の分野ではそのカバレッジはそれほど高くない。そんな中でこの雑誌の存在は大きいのだ。
 ちなみに今出たばかりの4月号の特集は「ありっ竹使い切る」である。そろそろタケノコを掘りたいし、のび放題の竹を何とかしたいと思っているRookieFarmerにはまさにもってこいの特集といえる。ということで、この度カーグラフィックの定期購読もやめた。農業深耕に向け大きく舵を切っているわけだ。
 
 

揚水設備の準備

 レンタル会社には、一応水中ポンプの程度のいい中古品はないだろうかと聞いてある。理想をいえばバックホーと一緒に手頃な物が届くといいんだが。ということで、電気の環境作りも進めることにした。先々代さんのメモで残されていた鴨川の電気店に電話をして相談した。電話に出た店主からは、「実は今日、会所に行ったときにお宅さんの話題が出たんですよ。」といわれた。同じ区内のお宅を訪ねたらしいが、新しく引っ越してきた家があって田んぼをやるらしい、というような情報が伝わっていたようだ。先々代さんのときにも揚水設備をやったところだから様子もわかっているし、土曜日に具体的な相談をすることにした。
 

バックホーの手配

 昨日、レンタル会社と相談し、3月後半の3連休から重機をレンタルする方向で依頼をした。こちらとしては最小クラス(車重1t程度)を考えていたが、値段が同じだということで大きい機械(車重2t程度)を薦められた。バケットの大きさが全然違うので能率が違うという説明だ。手に余る気がするし、敷地内に1.5m幅ではきついところもあるが、大きい方にした。10日程度借りるつもりだが、果たしてどうなるか。余裕たっぷりで、内山の中腹に運搬車用の道を作れるぐらいまでできるといいんだが。

作物の収穫量(営農参考資料)

三重県の調査資料(http://www.pref.mie.jp/DATABOX/tokeisho/m-ruinen/m-026.xls)をみて、作物の収穫量の見当をつけてみることにした。元資料では穀類から果樹まで(幅広くしかもS36以降)網羅されているが、こちらで作る可能性のあるものをピックアップしてみた。なお、数値は1a(100㎡)あたりの収穫量(Kg)である。

  水稲       50Kg/a
  小麦       25
  馬鈴薯     160
  カボチャ    170
  すいか     140
  枝豆       70
  キャベツ     130
  白菜      350
  タマネギ    280
  ダイコン     350
  カブ       300
  にんじん    200
  ゴボウ     220
  里芋      100
  大豆       16
  小豆        8
  柿        100
  梅         35
  栗         15(岐阜県統計)
  
 やるかどうかは不明だが可能性のあるものとしてソバがあるが、これは確か10Kg/a程度と少ない。是非とも作りたい落花生は当調査対象となっていなかったが、多少楽観的な自身の見立てでは40Kg/a(莢入り)と推定している。数値は県内総収穫量を総作付け面積で割った数値であり、このままというわけにはいかないだろう。掲載はしなかったが、陸稲は水稲の約3分の1であり、水の心配は無用な代わりに収量としては少ない。草の心配は増えるはずだ。
 なお、トマト・キュウリなどの夏野菜類については、週末のみでは管理が行き届かないため、自家利用分を少量作ることにする。

今週末(3/7~8)の農(?)作業

週末2日のうち日曜日は狩猟免許受験でつぶれる。
3/20前後からのユンボレンタルを控え、作業準備のための測量を行う。
また、川からの揚水についても3/20以降の早い時期の稼働を目指す。

水源地関係
  取水口回り清掃
  周辺調査
  
ハーベスター整備
  エンジン始動テスト
  脱穀機部分撤去
  
田んぼ予定地高低測量
  1号畦レベル決定
  2-1、2-2号高低測量
  3号畦レベル決定
  
狩猟免許試験

揚水ポンプ関係
  動力線引き込み関係相談
  ポンプ・配管・配電盤等の配置検討

狩猟免許(ワナ)実技編

 講習の時に3回ほどワナを組み立てた。それで十分かどうかはわからないが、次の日曜日の本番までワナに触れる機会もないし、とりあえず頭の中だけは整理しておこう。

 試験で合法的なワナとして用意されるのは3種、箱ワナとくくりワナ、もう一つはイタチ用の筒ワナだ。その前に6種のワナが提示され、使って良い悪いを指摘することから始まる。だめなものは桟がついていないはこおとし、ストッパーなしのイタチ用筒ワナ、トラバサミの3種類。前の3種の中から1つを選んで架設するのだが、箱ワナは3分の制限以内は無理、筒ワナは本物ではないらしく、くくりワナを薦められる。
 そのくくりワナだが、こんなものである。

1dabc37b.jpg


 
 県の職員や猟友会のメンバーの前で、このワナを架設することが課題である。概ね手順を考えながらポイントを列記してみよう。
 
 ワナの本体は鉄板でできた円筒形の茶筒状のもので、これにすっぽりはまる蓋のようなものがセットになっている。土の中に埋める下部とストンと下に落ちる蓋をまず楊枝で止めることから始まる。蓋のはみ出している部分にワイヤーを回してセットし、獣が足でこれを踏むと楊枝が折れて蓋が下に落ちる。その瞬間バネが伸びて茶筒のふたに巻いてあったワイヤーが絞られ、足を確保するという仕掛けである。手順については自由という話だった。
 私の場合、まず茶筒状の物体を組み立てよう。

40b16aca.jpg

       組み立てているのは猟友会の先生

 次にワイヤーのワナと反対の部分、周囲の樹木などにくくりつける端部を組もう。実践では役に立ちそうにない金具がついているが、ここではワッシャーを金具にくぐらせ、いざというときに抜けなくする事を求められている。

7e68be39.jpg



 この辺でワナの駆動部分とでもいおうか、鋼線でできたバネを絞り、金具で止めておく。
 その次はワナ側のワイヤーだ、ここでは完全に絞りきらないように、指二本分を残して金具を止めるよう指示があった。完全に絞ると獲物が足を切って逃げるためだそうだ。
 それが終わるとワイヤーの反対側を杭にかける。この場合、公道と書かれたカーペットの切れ端にワナ全体がかからないことが求められる。
 次に、忘れそうだがワナのバネをを絞ってあった金具を外す。
 これで一応完了、名札をワナのそばに置き、完了しましたと発声する。だいたいこんなところだ。

3ab55849.jpg

竹藪あれこれ

 内山と川の間にはちょっとした竹藪がある。大多喜町というところはタケノコの産地であることから、先々代さんが竹を植えたのだと思う。だが、手入れをしない竹藪は大変なことになる。たとえば、

b8a3b779.jpg



bc9515d4.jpg


こんな感じである。竹をよけながら川に降りていったり、揚水ポンプ(朽ち果てている)のところに行ったりするわけだ。 このあたりはケモノの領分で、こんな遺留物もあったりする。

a941f044.jpg



 入植直後には竹を切ることにチャレンジしたが、これが意外に手こずるものだ。 このぐらい密集していると、切ってもすんなりは倒れてくれない。 倒れないだけならいいが、引っかかって切った根元が反動で撥ねたりするのである。 田んぼのお守りが忙しくなって竹藪には入っていないが、そろそろタケノコ探しをしないとケモノ連中に盗られてしまう危険性もある。というか、おそらく敵わないんじゃないかと思いつつ、取りに行ってみよう。ちなみに、私はタケノコも嫌いなんだ。


d1f540c9.jpg

コンセントの謎

3566b7b2.jpg



 この家にきてから不思議に思っていたことがあった。それは梁の上にあるコンセントだ。おまけにコンセントにつながるケーブルは最寄りの壁を貫通しており、その反対側は梁の上をたどって反対側のやはり梁の上にあるコンセントにつながっている。そしてそのコンセントから出たケーブルは、壁を貫通して隣の部屋につながり、同じような位置にあるコンセントに接続されている。
 くどくど書いたが、要は電気の配線は後からつけたような感じだったのだ。別の書込みで、ご近所から電気がつながったのが昭和36年からだったと聞き、ようやく昭和27年築のこの家の配線とコンセントの謎が解けたのであった。

 しかし、この位置にあるコンセントは異常に使いにくい。結局テーブルタップをつないで床に転がった状態にして、そこかに器具をつなぎ込んでいる。 RookieFarmer は、これまでの生活の特色から異常な数ののテーブルタップを所有しており、大多喜にも相当数持ち込んだが、それがこんなに役に立つとは思わなかった。
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ