定年後・田舎作って・コメ野菜

房総半島大多喜町に山と耕作可能地が揃った素材を購入し、2009年初めから畑と田んぼを作り、半田舎暮らしとほとんど経験がなかった農業を始めた。2010年には農業従事者として認められ、農地も自己所有となる。更にご近所の畑を借り、規模を拡大して農家の仕事にあたっている。コメも野菜もやっており、週末農業の限界も感じていたが、2011年末に40年続けたサラリーマンを辞め、専業農家に脱皮した。穫れた作物は横浜の家の玄関先で販売、最近では配達もやってお客様に喜ばれている。

配水計画検討中

 最初からいくつもの疑問にぶつかっている。川から揚がってくる水はポンプで圧がかけられた状態で呼び径75のパイプから出てくる。以降は重力に頼って下の田んぼまで送っていくことになるが、「すべて同じ径のパイプでいいかどうか」がわからない。おそらく流量というものは管の径のみで決まるわけではないはずだから、下流で捌ききれずに溢れることもあるんじゃなかろうか。農協の農機センターの人に聞いたが、そういうことは知らないようだ。まあ、あまり形にこだわらずに単なる素堀の水路でつなぐことにした。だが、川からのパイプの終端と1号の間には通路があり、3号と4号の間には通路と沢水の水路を通す予定で、この2カ所にはパイプによる埋設配管が必要。1号の前は同径パイプを直結としてしのぎ、3号4号間は流量減少を期待して、これもφ75を使うことにした。どうもこのあたりは「水理学」といった分野の学問をひもとく必要があるのだろう。そういえばベルヌーイの定理なんていうものもあったが、どうやら関係がありそうだ。
 次の疑問は、「一筆書き的に水を流すことの是非」である。水の出し入れはタイマー制御にするが、個別の田んぼごとに注水するかどうかという制御は、このままでは難しい。2号に入れずに1号から3号に水を送るというようなことには対応しづらいのである。元々東から西への緩い勾配があったことを考慮すると、東側に幹線水路を作って個別の田んぼごとに導入量を設定する方法がいいかもしれない。
 
 まあ、個別田んぼの状況次第ということもあるから、実際に水を張ったり流したりして調べながら考えるが、引き込み電柱の工事がこの週末、モーターの設置が来週中、電気店が東電に協議に行くのが本日と一応進んではいるけれど、実際に電気が来るのが大体2週間後になるということだ。それまでは沢水に頑張ってもらう。

ススキの擡頭

 山(内山)や田んぼ周辺では、ススキの大株から新芽が出始めている。入植直後に刈払い機で枯れた茎は刈ったんだが、やはり当然のように新芽が出てきて、やがて当然のようにのさばるはずだ。イネ科に効果のある除草剤はあるが、イネづくりをするという前提の中では踏み切りづらい。
 ユンボがあるときに、腕の届くところはなるべく掘り返したが、山の斜面より上は届く範囲を超えていた。当分暇にはなりそうにもないが、ある程度の時間は割いてはびこる前に刈り取らねばならない。


e7d1a877.jpg

田んぼの模様

 畦から1号田んぼをのぞき込んだら、不思議な模様が見えた。ナスカの地上絵ほど幾何学的ではないが、雰囲気がにていないこともない(ちょっとこじつけかな)。水を張ってからできたものだと思うが、おぼれそうなミミズが苦し紛れに這い回った痕だろうか。これだけでなく、色々な表情が田んぼにはありそうだ。そんなことも期待している。

02fd0ce3.jpg



47d7a92a.jpg

納屋の中の昔(3)はかり

52a29f8d.jpg



 台の上に乗ると錘を動かして読んで測る。体重が重い生徒がいると錘自体を追加することもあったりする。昔の身体検査ではこんなハカリを使ったことも確かあったと思うが、思い込みだろうか。この納屋のハカリは、きっととれた籾などを量ることに使われたに違いない。
 さっき、Googleで「はかり」を入れて画像検索してみたが、これの同類は見あたらなかった。どうやら完全に駆逐されたようだ。当分置いておき、そのうち自分自身の体重でも量ってみよう。
 

会所からの春便り(2)マムシ草

a2807fdd.jpg



 (内)山でパイプの終端を探しているときに発見。斜面に上らずそのまま撮ったが、どう考えても後ろ姿だ。一昨日横浜の家に帰った段階では植物図鑑も見つからず正体不明だったが、昨日かミサンガ調べた結果は「マムシ草」ではないかというものだった。
 サトイモ科に属するようだから、やがて葉なども出てくるだろうし、シーズン終了後に掘り起こすと芋のような根ができていて増やせるかもしれないが、名前や後ろ姿から考えるとその意味はないかもしれない。
 だが、なかなか変わった姿でちょっとおもしろい。次の週末は正面からの姿を収めてこよう。

納屋の中の昔(2)臼

 田舎家の納屋にある定番品目の一つだろう。写真には映っていないが、杵もちゃんとある(らしい=本人未確認)。ご近所の人に聞くと、「昔は何かあると餅をついたもんだ」、だそうだ。今でも暮れには餅をつくということだが、臼と杵ではなく機械になってしまったらしい。高齢化も進んでいるし、仕方がないだろう。
 こちらでも暮れぐらいは餅つきをやりたいと思うが、果たして人が集まるだろうか。大昔、横浜の家の町内で少年野球に関わっていた頃は、野球少年たちの家族を核にしてやったことがあったが、4分の1世紀近く前のことである。そういえば、当時は腰痛などとは無縁だった。


0ef2dec5.jpg

 

会所からの春便りシリーズ(1)ふきのとう

 農業をやろうという割に、私は植物について滅法弱い。樹木もそうだが草本も同様。野菜の名前くらいは何とか見当がつく程度である。会所というところは南房総といってもいいエリアだが、山の中でもあり朝晩は冷え込み、サクラなども都内や横浜よりも明らかに遅いが、それでも春は着実に訪れている。
 そんな中で最も早かったものはふきのとうだ。最初はちらほらだったが、地下茎を張り巡らせているのだろうか、どんどん出てきた。最初のうちは採って食べたりしていたが、すぐに生えるに任せ始めた。今はもう蕗の葉も出始めており、キャラブキなどが計画に載りはじめているようだ。

8f836c9a.jpg

納屋の中の昔シリーズ(1)火鉢

7c7d7fd1.jpg



 RookieFarmerの家にも昔は火鉢があった。青地に細かい模様の入った大振りの火鉢がいつどういう時に処分されたかは知らないが、炭というものが身近でなくなったらなくなるのも仕方がない。
 先日、家族が集まってバーベキューをしたときに、終了後の余った炭を火鉢の中に入れた。遠赤外線というものの独特な力で、ちょっと冷えたみんなの体を温めてくれたが、あまりにもたくさん入れたためか、手で持てないほど熱くなってしまった。
 翌朝、誰かが持ち上げたところ、灰が溜まっている部分の上端あたりが割れ、上下に分かれてしまった。囲炉裏とはまた違った良さを持つ火鉢のメリットを昨日感じてしまっていたから、どうしたら再入手が可能かといった話題も飛び交ったようだが、納屋の中にはまだ二つも同じ火鉢が発見されたということでその問題は解決した。割れた火鉢は接着されて傘立てとして再登場するらしい。

22e0ffca.jpg

手前の汚い缶は無関係

 同じ火鉢が3個もあるということはちょっと驚くが、田舎の家で大勢を招くようなときには、必要があるのだろう。今なら灯油のヒーターだろうが。入植前には山の木や竹を切って炭を焼く計画もあったが、農業優先で滞っている。次のシーズンまでには炭と木酢液を生産したいものだ。

ウグイスだらけ

 ここ会所でも、日中は近所の工事車両や上空の飛行機の音などが聞こえるが、そんなこととは無関係にウグイスたちは終日鳴いている。昨日の朝などは、1号田んぼから北の方を向くと、正面で1羽の鳴き声が聞こえ、他に右の方、左の方、正面の向こう側という具合に、4羽の鳴き声があちこちから聞こえてきた。何となく、ナワバリはありそうな感じだったが。「だらけ」というわけでもないが、今まで複数の鳴き声を聞き分けるようなことは経験がない。(聞き分けると行っても場所だけだが)
 そんなことに気づいたのはユンボのせいだ。というよりは、ユンボを返してあらためて聞こえるようになったという感じ。朝6時頃から12時間も乗っていた当方は、あたり一番の騒音源だった。ユンボに乗っているとき、音楽ぐらいは聴こうと思って iPod を持ち込んだが、あまりの音の大きさに諦めたことがあった。これからは野の音を楽しみながらやってみよう。
 

パイプの行方

 川から揚げる水のパイプについては終端がどこか確認できていなかったが、昨日所々露出しているパイプを頼りに山の麓近くで見つけることができた。端をたたくと向こう側まで抜けていることを証明するようなボンボンという音が響く。
 それはいいのだが、田んぼまでは2m以上ある通路を横切る必要がある。真上というわけでもないので、配管の延長は10mを越える見込み。埋設配管にしたいが、場合によってはホースで仮設的につなぐことも考えておこう。

08e4c6c5.jpg




 川からの揚水の流量は、ポンプの能力からいうと15立米/毎時ということらしい。1分で風呂がいっぱいになるという量は相当なものである。今入れている沢水と比べると20倍だ。時間で制御するつもりだが、水の保ち具合もばらついていそうな4枚の田んぼに一様に水を張ること、干すことは容易でない気がする。まあ、ある程度の容量のパイプを使い、水の受け入れと出口にはそれなりの仕掛けをして、週間タイマーで制御をするということをこれから考えていくことになる。
 昨日、一応田んぼ間の距離を測ったりしたが、田んぼ間では大体5m程度の配管が必要で、これはVU管を使用予定。水を受ける水口には枡のようなものを用意し、出口はチーズという接続部品(逆T字型)を使用して、溜めるときの水位と抜くときの最低水位を使い分けることを考えている。一つ終わるとまた課題が増える。退屈している暇はない。
 
プロフィール

房総で百姓やってる...

アクセスカウンター

    記事検索
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    最新コメント
    月別アーカイブ
    • ライブドアブログ