今まで、趣味は多岐にわたっていた。だいたい2年でピークを終えていた数多い趣味の中には、今回の田舎暮らしや農業に直結するものはなかった。以前からの知り合いの皆さんにとっては想像もつかないほど意外な方向転換ではないかと思うが、まあ定年を契機に40年近くも続けていたサラリーマンとしての社会の関わりとは全く違うことをやってみたい、という気持ちになると、全く当たり前の結論のようにも思える。

ただ、あまりにも流行を追っているような気もするし、それだけに大きな落とし穴に落ちないように気をつけなければと気分を引き締める気持ちもある。

まあ想いはいろいろだが、前に書いたようにこれまでの関心領域とはほとんど重ならない知識が必要になる。今まで、新しい趣味にのめり込むときは本を買いあさるのが常だったが、今回は図書館を使ってみた。大昔に勉強するときに使って以来、ほとんど近づくこともなかった図書館だが、なんだかずいぶん便利になっている。そんなこともいろいろ書いていくことにしよう。