ふつうの田圃は、苗を植えてからずっと水を張っている。刈り取りが近づくと干すということは、家の屋上田圃の経験から一応知っている。ところがSRI農法では、張ったり干したりを繰り返す。これも在来の常識とは違うところである。空気にさらすことを繰り返すことが根の強化につながり、分けつしたり穂を出したり、実を作る際の底力にしていくらしい。穂がでてからは、さすがに水を張るが、それも浅めにするようだ。
 この辺の水のやり方は、自然農でもよく似ている。稲にとって、常時水の中という状態は必要条件ではないらしい。むしろそうした環境では生きられない雑草を防ぐ意味の方が大きいとどこかに書いてあった。