今現在はブルドッグ君に鞭打って力仕事をやっている状況。それはそれで進める必要はあるが、たいらになったら田んぼになるかというとそうでもない。水がもらない箱を作り、その中に適量の栽培用の土が積もっているという状態にして、初めてイネが育つ田んぼになるわけだ。作業中のの上の田んぼでは、粘土をガンガン削っているのだが、その下に礫層でも出てきたら水は溜まらない。棚田のように細切れでは困るが、ある程度レベルが揃ってきたら、一方から部分的に田んぼを作ってみようと思いはじめた。今来ている山の水も、敷地内を縦断して隣地との境界あたりでモグラの穴に吸い込まれている。まだ水を溜める状況にはなっていない。とりあえず少しずつ完成形を作っておくことが必要そうだ。