山をチェックしていたカミサンが変わったものに気付いて教えてくれた。そのあたりは何度も行っているが全く気づかなかったもの。それがこれ。
 
a8635a06.jpg

 
 
 かなり昔、網に角を絡ませてしまった馬鹿な鹿(鹿の馬鹿)がいたらしい。結局網は絡まりねじれるばかり、こんな姿になってしまったようだ。 この下は崖になっており、養老渓谷の源流が20m位下を流れているのだが、首から下は下に落ちたと考えられる。

 さて、私の仕掛けるワナにもかかってくれるといいんだが。