前から考えていた2本目の井戸が開通した。納屋の屋根の葺き替え、門扉の更新と合わせ、近所の工務店に頼んでいたが、天気の都合などでなかなかできなかったもの。
 3/20の日に3人で登場、あいにく土砂降りだったがその合間を見て工事をやってくれた。こちらは雨でもユンボ作業ということで任せっきりだったが、しばらくしてカミサンがやってきて、工事は終わったがモーターが動かないけれどどうするか? と聞かれたとのこと、  仕方なく後で何とかするからそれでOKと返事をしてもらった。 実はちっともOKではなく自分で確かめるだけなんだが。
 その後自分でポンプをチェックしてみたら、うなるだけでモーターは回らない。よくみると小さな赤いボタンがあり、ブレーカーのスイッチのような感じだ。「ああ、これじゃないか」と押してみたが、やっぱり、モーターがうなるだけでやがて赤いスイッチが飛び出してくる。
 田んぼの作業が終了してから、今度はモーターの軸受け部にCRC5-56を吹きつけ、しばらくしてからスイッチを入れてみた。そうすると、キュルキュルという音が数秒した後モーターは回り始め、やがて停止。水栓をひねると真っ赤な水が勢いよく出始めて、しばらくたつときれいな水に変化した。
 ということで、使える水が一つ増加した。
 とりあえず長いホースを買ってきて、畑や田んぼで使えるようにしてみよう。それにしても、先日田植機のキャブを生き返らせたCRCがまたもや活躍した。実に役に立つものである。