4ef06928.jpg



 これとセットのスギナは、土壌が酸性になっていることのバロメータだというが、当方の敷地内には滅法多く生えている。今回の週末は椎茸奉行(母親)が同行したが、農作業には基本的に関わらないので、土筆を採って佃煮にするという作業を担当してくれた。ワラビのおひたしと並んで土筆も出されたが、これも春の味である。