土曜日に大量の雨が降ったおかげで、沢水の量はかなり増えている。「水の出入り」の通り川からポンプで揚げている量に匹敵するくらい多い。試しに満水状態の田んぼに沢水のみを入れたらどうなるかを明日朝までの1日半でみるようにしている。
 昨日夕方の段階では、1号2号の出し口の水はかなり多く、3号から4号への水は半減程度。3号の水保ちが懸念材料である。ただ、オプション付きウルトラポチでかなり走り回り、畦波も漏れている場所をたたき込んだので、それもかなり改善されたと思う。場合によっては2号からでた水をパイプで4号に渡すことまで考えたが、とりあえずはそこまでひどくはなさそうだ。まあ、明日行ったら流入量と流出量をちゃんと計測してみよう。
 水源地では、パイプの容量以上が流れ込んで堰からあふれる状態が続いているが、その途中のパイプも高まった水圧でほころびがでている。敷地内に入ってからは高密度ポリエチレン管が使われているが、経年劣化がひどくなっているようで、2カ所で割れが発生して水が噴き出した。40mmVU管を莢にして補修したが、やはり黒ポリ部分の交換などを検討する必要がある。