沢水のパイプは、敷地内の途中から露出配管となっているが、その部分のパイプを外してそこから針金を入れてみた。まず1.5m位のところで引っかかるところがある。ここがもしかするとVU管と黒パイプのつなぎ目ではないかと思う。このあたりを突っついてみたが変化はない。そこでさらに5~6m程度更に入れてみた。そこでも一応突き当たる感じがある。底までの間にちょっとした引っかかりがあったので、針金の出し入れを繰り返すと、泥が混じって水量が増えてきた。どうやらこれで詰まりは解消したと思われる。
 
 水量の計測結果は、
    沢水出口    52L/分
    1→2号     33L/分
    2→3号     24L/分
    3→4号     18L/分
    
    1号の吸収量   19L/分
    2号の吸収量    9L/分
    3号の吸収量    6L/分
    1号の吸収量は測定誤差かも あとで計ったら7L/分くらい
    
 ということで、この状況であれば4枚の田んぼを何とか沢水だけで維持できそうだ。当然、暑い真夏やイネが大量の水を要求するときには不足するだろうが、そのときは川水に頼ればいいだろう。途中の黒パイプ部分がボトルネックになっており、それをVU管に換えれば流量は増えると思う。それはシーズンオフの仕事にしよう。