目新しい電子道具はなるべく試すようにしてきたが、いつかは飽きるか用がなくなることにより代替わりしてきた。比較的最近の道具はVAIOのType-Uだったが、電車の中のインターネットで活用したあと、作曲ソフトで音楽を作るというフェーズを楽しんだから結構長持ちして休憩に入った。
 現在はこのpomeraである。ちょうどこのブログを始めた頃、その原稿書きのために購入。Type-Uほどものを書くのに不適当な道具はなく、手頃なものを探した結果がpomeraとなった。これはなかなかすばらしい道具である。確かに文章を書くことしかできないが、その目的について不満はない。ありそうでなかったが、使い慣れるとなかったことが不思議なほど便利。電車の中では大活躍で、居眠りする暇を与えてくれない。比較的記事が覆いこのBLOGを支えているのは、実はpomeraである。
 SWを入れるとすぐ使え、降りる駅のホームが見えてからでも保存とOFFができる。キーボードも使える方のノートPCの水準にある。USBケーブルを介してPCからテキストを呼び出せる。電池は結構保つが、なくなったらeneloopの単4二本を入れ替えればいい。ということで、大昔の東芝RUPOのような気楽さだ、しかも畳めば背広のポケットにも入ってしまう。さすがにちょっとかさばるが、ホルスター入りの拳銃ほどではない(はずだ)。HCではないSDカードが使えるが、テキストデータにとって2Gはボートで太平洋に漕ぎ出すほど巨大である。
 ということで、通勤電車の中でせっせと書き、PCで写真データや関連URLを調べたり貼り込んだりしながらアップするとBLOGの1項目誕生となる。通勤しなくてよくなったりBLOGをやめるまでは続きそうな感じである。まあ、新しい何かが出てこないとは限らないが。