農薬・化学肥料は使わないから堆肥は重要な位置を占めるが、事前に検討する暇もないままに鶏糞堆肥を持ってきてもらった。もう1ヶ月以上前のことだ。地面にブルーシートを敷いただけで2tダンプからザザーッと降ろしてもらい、あり合わせの古トタンやシートをかぶせた状態である。
 早速使い始めてはいるが、トタンを剥がしても表面の部分は固まっており、その下からサラサラした鶏糞堆肥が出てくるが、残念ながらどういう状態がいいのか経験不足で判らない。ただ、小バエは飛び回っているし、薄れてきたものの臭いがあるし、雨の後は色つきの水が出てくるし、このままではまずいと思う。
 鶏糞堆肥の他にも色々種類がある、例えば牛糞もあれば豚糞もある。それに山の樹木藪の竹などから自分で作ったり、あるいは動物の堆肥と植物成分を混ぜたり、かなり色々なことをやる必要もあるだろう。そうすると床・壁・屋根を備えた置き場が必要になる。まあ、これは大物だから秋以降の仕事だが、杉や竹といった自家製資材を使う方向で計画だけは早めにしておきたい。