色々なことが起きるものだ。到着してさっそく点検したら、3号田んぼの水位が低く一部土が露出している。パイプが詰まったかと思ったが、下流の4号田んぼは満水状態である。何が起こったのかわからなかったが、3号田んぼの右奥の畦が何かおかしい。いってみると見事に崩れていた。

5b5fb29a.jpg



 この部分は、盛り土の畦の下に広い通路を作ってある。そのため人が歩かずに踏み固めが不足気味なのだ。おまけに、崩壊した部分は盛り土の幅も小さめだった。こういうことも想定して先週末も一応チェックはしていたが、相当な雨が降ったのだろう。とにかく納屋に行って先々代さんがちゃんと整理してくれている土嚢袋を持ってきた。あたりの余っている土を詰め崩壊箇所に積み上げていく。二人がかりで約1時間位で復旧は完了した。

a7d14706.jpg



 原因については雨量が多かったこともあるだろうが、出口側のパイプが細かったため水位が上がった可能性がある。また、ちょうど畦波シートの継ぎ目の部分でありちょっとした水漏れが拡大したのかもしれない。あるいは鹿が壊したんじゃないか、などといろいろ考えられる。梅雨に向けて色々な対策を考えたい。
 

5de2c1b0.jpg



まだ書くことがあるが、また明日