830e13d0.jpg



 刈払い機で雑草を刈っていると、何か見つけたときには既に遅く刈り飛ばしたあとになる。落花生畑の周りの雑草を整理したときも、このパターンで何本か切ってしまった。カミサンから「ネジバナが咲いている」といわれ、あああれがそうかとあとで思ったものが、このネジバナだった。あらためてじっくり見てみるとなかなか可憐な花である。調べてみると、野生のランの一種であり、どこにでもある割には栽培は難しいというものらしい。野生というものはそんなものだろう。