記念すべき大多喜町会所携帯開通のときに代替機に役目を譲り、用に足りなかった携帯電話が修理を終えて戻ってきた。レポートでは、基板・筺体部・ICカード部不良で交換となっている。症状は液晶表示不良だが、液晶以外は全部交換ということで、ちょっと不思議な内容である。外装についてもそれほど痛んではいなかったが、電池と電池の蓋は持っていて下さいと修理に出さなかったので、蓋だけ古くあとは更新されるというちぐはぐな結果になった。
 修理前は、画面が見えなかったから中身の色々な情報を取り出すのに厄介で時間がかかった。修理完了後はいくらかましだったが、それでも1時間くらいはかかった。なるべく壊れないで欲しいと思う。
 保証は1年間だと思ったから修理費用が必要と思っていたが、Docomoプレミアクラブに加入しているので3年間は一般の故障については無料です、といわれた。これはちょっとありがたい。ちなみに電池についてもプレミアクラブに加入しており、同一機種を2年以上利用していれば無料で交換できるはず。
 
 今の契約はバリュープランというもので、12月までで本体の2年間分割支払い期間が終了し、基本料金が980円ということになるのだが、一応防水携帯の値段を聞いたら5万3000円前後とのこと。防水デジカメの倍以上であり、高いと思う。昔の携帯は安かったな。農業をやっていると防水は必要な気もするが、そんな値段では買い換えには踏み切れない。2階建てで支払えますよ、といっていたが12月までとはいえ、基本料金の他に毎月5000円も出すほど利用しているわけではない。濡らさず気をつけて使うことにしよう。