自分でやるのでは予定通りいかないようなので、いつもの農機具屋さんに水中ポンプの設置を依頼することにした。今週は土曜日が農機具屋さんの休日ということもあって、金曜日にこちらが休暇を取り耕運機の引き取りをすることにしたが、そのついでにやってもらうという方向で調整している。水中ポンプの写真を撮り忘れたが、製造は20世紀のようだが未使用品ということで見た目は大変きれいである。配管類は自分で揃えたつもりだが、電気関係を忘れており足りないかもしれないケーブルの不足分とプラグ類をついでに依頼した。かなりの高低差があるため、能力がどれほどかは気になるところだが、本来の計画通り1週間タイマーと組み合わせれば、平日不在でもかなり細かい水管理は可能になるはずだ。川水の揚水については、既存のポンプの能力や限界などを、よく調べずに再利用するなどで随分回り道をしたと反省している。ただ、沢水を主としてやっていくことが基本になるだろう。