田んぼに関わっているうちに、畑の方ではいろいろなことが進行している。横浜の直売所には常連さんがついたようだから売り物を作らなければと勘定奉行(畑奉行)も考えているようだ。そのうちの自信作らしきものがこれ。カボチャが育っている様子をはじめて見たが、何ともおおらかに茎葉を伸ばしている。他の作物や草などがあろうがあるまいがお構いなしである。蕗やワラビなどが生育しているエリアを我が物顔で占領し始めている。それでもいいから元気に育って欲しいものだ。まあ、売り物になる前に自分たちで食べてみる必要があるだろう。

62602b30.jpg