当家では既に幼児的などという批判も出ているが、まあ還暦を過ぎた身としてはそうした指摘も無理はないと思う。次の秘密兵器はこんなやつである。エアガンというのはかなり規制が厳しく、BB弾の重量や撃つときの初速なども制約を受けているらしい。それもしばしば厳しい方向に見直されているようだ。まあ、とりあえず買っておこうという感じである。狩猟免許を取るときに、空気銃の免許を合わせて取ることも考えないではなかったが、銃は夜間の使用が禁止されており、害獣を追い払う用途には不適当な部分もあるため、とりあえずワナ免許を取った。

121a1fb7.jpg



 撃ってみると田んぼの向こうがわ(70m先)には届くから一応使用は可能だが、そんな向こうだと余りショックも受けないだろうから、撃退効果については疑問もある。まだ夕方には時間がある午後の時間帯に最初のテストをやったのだが、そんな時間にもかかわらず野ウサギらしきものがいた。もちろん撃ったが、向こうは素早くこちらは不意打ちのレベル。ショックを与えるどころか、見えなくなったあたりの草むらに打込むのが精一杯だった。今日現地に行った水奉行も、ちょうど同じようにウサギに出会い撃退したらしいが、うさぎはどうやら昼でも我が物顔らしい。