どうしてもケモノの話題が多くなる。昨日畑で、セイタカアワダチソウを抜いていたら、前の道を散歩で通りかかったご近所さんとカボチャの話題になった。そちらのお宅では、カボチャはサルに取られたんだそうだ。4個取られたがサルは3個しか持てなかったらしく、1個は残されていたらしい。
実は当家ではカボチャが5個くらい順調に育っており、畑にゴロンと転がっているから、そんな話を聞くと人ごとではないのである。
サルにやられたお宅は、当方より1キロほど麻綿原の方に入ったところだが、お隣さんの話では、先日当家の道路を挟んで反対側にある桜の樹にサルがいたらしいし、かなり危険な状態である。
うちの畑は草だらけで、サルもカボチャに気づかないんじゃないかなどといいつつ、それでも持って行かれたらショックなので、一応網をかけてから帰途についた。収穫時期は1~2週間後だが、それまで大丈夫だろうか。