先日から四つ手網を買おうと探しているのだが、実際の店(ホームセンターや釣り具店チェーン)ではまだ探せていない。ネット上では見つかるのだが、送料を払って買うほどのものではないし、現物を確認しながら買いたいと思っていた。そんなことから、ホームセンターで単なる網を買ってみた。細かい目で120円/m程度のものである。これを使い、いくらでもある竹や麻紐などと組み合わせて作ってみようと思う。だが、インターネットで「作り方」を検索してみたが、意外に少ない。画像検索でやってみたら、ようやく出てきたので、これを参考にしてみる。
子供の頃、兵庫の田舎の川で一家総出(30人くらいかな)で使ったのは、「追い込み型(勝手に命名)」の網だ。浅い川を石でせき止め、片側に網を置いて反対側からみんなで並んで魚を追い込む。とれるものは、せいぜい佃煮にしかならないようなちいさな魚がほとんどだったが、なんだかおもしろかった。
もう一つは川の底に沈めておいて魚が寄ってきたら引き上げるというもので、「引き上げ型」とでもいっておくことにしよう。このタイプで一辺の長さが数メートルもある大型のものは、本職の漁師さんが河口などでシラウオを捕るのに使っているらしいが、インターネットなどで売られているのは一辺が60センチ程度の小型のものが多い。
2つのタイプの形態上の大きな違いは、追い込み型は3辺に袖がついていること、引き上げ型は4周すべてに袖がついていることだ。網は2m程度買ったから、両方作ってみるつもり。
盛夏になったし、草取りが一段落したらどこかの用水路にでも出かけていて使うことにしたい。もちろん下の川でも使えるはずだ、魚はいないわけではないから。