未明から雨が降り、激しい雨音に鹿チェックもできず(面倒だったかも)、朝を迎えた。雨はガンガン降っているが、小やみになった隙を狙って田んぼを一回りした。実際に畦の崩壊などもあって懲りているので、安全対策(配水パイプで捌けないときの流出口)の確認などを行った。崩壊を二回経験している3号の畦の該当箇所も特に問題は発生していない。今晩から明日にかけて、おそらく50㎜/時を超えるような雨もあり得るので、臨戦態勢である。
この雨で川水は当分出番がないと思い、電源スイッチを切っておいた。ただ、沢水は最大時の半分程度。出てくるのは泥水でしかも量が一定ではない。シャックリをしているような出方を時々している。水源地の状態はベストとはいえないようだ。明日は堰の整備をやる必要があるだろう。

66d43928.jpg



1号手前の池には、浮き草を入れたりしている。今日は水が濁っていて沢ガニや魚も見えないが、次第に池というよりは沼のようになりつつある、ちょっと小さいけれど。4号の池も整備したいものだ、ちょっと話題がずれるが、1号と4号については冬期湛水、2号と3号については冬の間畑として使おうと考え始めている。