83aa4409.jpg



買い物から帰ったのが15時、雨は少し残っていたが水源地の整備をするのにちょうどいい時間と思い、道具を持って行ってみた。篭は泥と落ち葉で埋まっていて水の底。とりあえず泥を掻き出して前に買った網で囲ってみた。一応効果はありそうだが、あまりにも泥などの量が多いので頻繁な掃除は前提となるだろう。
パイプをつないで流してみると、堰の中の水が増えてくる。パイプの通りが悪いのである。また家までの途中で外すと、やはり前回同様上流側の流れが悪いようだ。あまり詰まるようなところはないはずなんだが。夕方が近づいたので、そのあたりの解明は明日にした。
帰って水量を測定すると、6Lに12秒程度とベストではないし、今の沢の水量を全部飲み込んではいないと思われた。そのまましばらくして、ようやく6秒という最大量に近い数字まで上がり、またチョロチョロになるという不安定な状態である。明日は電気柵の設置を始めるが、その合間でまた水源地整備をやらなければならない。