昨日に続き、朝一番から沢水経路の整備をやった。水源地は堰から水が溢れていたが、昨日の網が有効に機能していて取水口の籠は問題なし。いつものように中間地点でパイプの継手を外してみると、やはり上流側のパイプに出が悪い。そのままにしてパイプをチェックすると、あるところの杭が抜けてパイプが少し垂れ下がっていた。どうもここのたるみに泥か何かが堆積しているようだった。そこを正しい位置に戻して中間地点に戻り水を見ていると、最初は泥水で次第に水が増えて泥が薄くなってきた。パイプをつなぎ直して家の出口に戻ると、まだ水の出は回復していない。最後のチェックポイントは敷地内のいつもの場所。針金を突っ込むと2m位のところに引っかかりがあり、そこを針金で突っつくと葉っぱなどと一緒に泥水が噴き出し、ようやく全てOK.
最初のうちは6Lに4秒、水源地の溜まり水がなくなったあとは概ね6秒ペースになった。結局3カ所の不具合を直すことで正常な状態になったが、結構悩まされるものである。ただ、この調子なら川水を揚げる必要もなさそうでありがたいんだが。