4枚の田んぼでいろいろ違いはあるが、イネはほぼ順調に育ってきている。ただ、水温が低いことが原因だろうか、水の入り口周辺が遅れているとか、北斜面の棚田だからか、同じ田んぼでも南半分よりも北半分が育っているといった不均衡がある。
 ともあれ、3号東半分の古代米はほとんど穂がでているし、残りのコシヒカリは、1号7割程度、2号3割、3号若干という具合に、田植えの時期順に穂がでている。この調子だと天候にもよるが、9月末くらいから稲刈りを始めることになりそうだ。
 今のところ、病気や虫などの問題は目につかない。そもそも田んぼのイネなど見たことがなかったもんだから、問題なしとはいえないが、GW頃の貧弱な一本の苗がよくそこまで育ってきたと拍手を送りたいぐらい元気である。

そろそろ、刈入れ以降の準備・計画に取りかかろうと思う。

4713f6a2.jpg

    1号田んぼ

c84e07d4.jpg

    2号から4号