いろいろ考えてみたところ、あまりのんびりしている状況ではないと思われたので、有害鳥獣駆除の申請をしようと大多喜町役場農林課に電話をかけた。この前のお盆休みの間に申請に出向けば良かったと思いつつの電話だったが、自身が狩猟免許を持っていて且つ敷地内であれば特に申請は不要、処分まで自分でやって下さい、との予想外の回答。だからもう、その勢いでインターネットで探した大分の販売店に、くくりワナを2組注文してしまった。その店のHPのAとCの2タイプを各1組である。どちらも踏み板を獣が踏むと、バネの力でワイヤーが足を縛るという仕組み。Cタイプはおそらく狩猟免許で触ったものと同じようだ。Aタイプは縦型でスプリングを使ったもの、こちらの方が反応は早いように思う。
 電話で注文して、一番良くかかるヤツを下さいと言ったんだが、ワナの仕組みより仕掛ける人の能力で決まりますよ、といわれてしまった。そんな質問をするヤツには獲れないよといわれたようなものである。ただ、敵も相当に執念深く手強いので、今週末から努力を重ねたい。