会所では朝から雨、ちょっと気になって電圧を測ったところ、1000Vのランプまでしか点かない。やっぱりそうか、というところだ。海苔網(上に張ったもの)とワイヤーはなるべく離したつもりだったが一部で接触しており、網がぬれたことにより漏電が発生したものと思われた。大体においてワイヤーに接している部分は垂れ下がっている海苔網の下の部分だから、一回りして網の途中をつまんでたくし上げるようにした。
 この作業の結果、電圧は3000V以上に回復した。高圧の電気はかなり神経質なものであることを再認識した。が、いろいろ繰り返すうちにポイントは解ってくるように思う。充電電池は自動車用の鉛蓄電池だが、先週末の12.57Vから12.40Vに低下していた。この程度であれば充電の必要はなさそうということで見送った。