実は土曜日の日に昼寝をした。お昼を食べたあと、昼一番に来る予定の電気屋さんを待つ間、涼しい風に誘われてゴロリと眠ったんだが、到着は2時半となり昼寝予定時間は大幅に伸びてしまった。翌日曜日は雨に降られて早上がりしたし、そんなことで今回の週末の仕事量は今までで最も少なかったんじゃないかな。そんな中で、電気柵の機能確保の仕事とワナを仕掛けることは何とかやってきた。日曜日に架設した2つめのワナの様子を披露しておこう。

792ce584.jpg


 
 塩ビ管のパイプの中に、螺旋のスプリングがぎっちり詰まっている。このバネの収納には随分な力が必要だった。このパイプ(30cm強)を土の中に垂直に埋め、踏み板に直結した留め金でスプリングを押さえておく。踏み板が踏まれたら、バネが解放されて踏み板を囲む形に置いてあったワイヤーの輪っかが締まる仕掛けである。

3c959911.jpg



 パイプを収める竪穴は、納屋に転がっていたパイプを利用してあけた。木槌で打込み、それを引っ張り出した跡の穴を使うのである。仕掛けたあとは、周辺の枯れ草などを上にかけてカモフラージュしたが、この辺は全く素人くさい仕事だ。ただ、台風で大雨が降るので臭いなどの人の痕跡は消えるだろうと期待している。
 昼寝の時間が多すぎて、2台とも弾かせたりはしていないので、うまく動くのかどうかは自信がない。次の週末は、一応楽しみということにしておこう。

93096d67.jpg

    実はワイヤーを固定するのは自分で打った杭、これはちょっと心配(イノシシだと)