4号田んぼは、作っているときから水がなかなか引かなかった記憶があるので、6月末に植えた一部分はまだ若干未熟だが、本日の昼間とりあえず水をとめた。夜になってから、出口のパイプを操作して水を掃き出しておこうと藪の近くに行ったら、バタンというトタンの音とガサガサという音が聞こえ、獣の気配がした。耳をすますと「フガフガ、フーフー」という音が聞こえる。
 一旦家に戻りロケット花火を取って元の場所に戻ったんだが、まだ同じ気配がある。何発かお見舞いしたんだが、なかなか逃げない。こちらを馬鹿にしているのか、それとも離れがたいうまい餌でも見つけたのか、とにかく5発くらい撃ってようやくいなくなったようだった。どうやらイノシシがそこにいたらしい。イネを狙っているんじゃないだろうな。