9adab957.jpg



 手順としてはこの前に乾燥機が入るが、まだ使っていないため籾摺り機について書く。これもなかなか強力な機械である。ハーベスターから出てきた籾は、当然籾殻を着ているし藁くずなどもかなり混じっている。これを、強力なモーターで駆動される1対のゴムローラーと強力な送風機ではじき飛ばして籾だけにするものだ。先々代さんは万石式という骨董品的な道具をヤンマーのディーゼルエンジンで駆動して籾摺りしていたようだが、今回ご近所さんからいただいた比較的新しい機械に職人技は要らないようだ。機械に貼ってあるラベルの指示通りにやるとどんどん玄米が溜まる。代わりにアラヌカ(籾殻など)が吹き出してくる。家の玄関と納屋の前になる中庭は、籾殻などが散ってもOKの作業場に早変わりする。
 この機械については、最初に1対のゴムローラーの間隔をセットしてしまえば、あとは籾を流し込むだけだ。ただ、終わるタイミングがよくわからない。玄米がほとんどでなくなってから「残米」の取り出しという操作をしたが、これでいいのかどうかはちょっとわからないので、今度農機具屋さんに聞いてみることにしよう。あと、米が中に残っているような感じで、最終の掃除の仕方がよくわからない。これも確認事項。当家の場合、今年はコシヒカリと古代米(黒米)、来年はこれにモチ米が加わるので、混じらないようにしなければならない。