12日(土)の前半は大根・カブ(赤カブ、小カブ)の収穫。どちらも順調に育っている。特に大根は揃って白い根を地上に出しているが、穫りすぎても処分に困る。50本くらい穫ったが、畑にはまだまだ大量に残っている。
 一通り穫ったあとは沢水パイプ所在確認(既報)、だいたい予想通りの状態だった。これで今後は池や配水計画に入ることができる。
 そのあとは燻炭と稲ワラを田んぼエリアに撒く仕事だ。現在それらを置いている場所が2号田んぼの拡張予定地にあり、せっせと撒いてあけなければならない。

 13日の大半は敷地の計測だ。測量といえるほどではないが、一応田んぼの大きさと位置は確認できた。これで改修計画の詳細も検討できる。
 13日の残りは葉菜類の収穫だが、白菜・ミズナ・春菊などは勘定奉行管理下の下の畑にあるため、私はシロナを穫った。ここは間引きが間に合わなかったところの一つで、大きくなった株が密集状態。午後遅い時間に弟2名登場、作業は終了。いつもはBBQだが、今回は鍋、すべて自前の野菜でやる鍋はすばらしい。足りなきゃとりに行けばいい。