光合成菌は、バケツ2杯のほかに2Lのペットボトル5本を加えて培養中だが、「現代農業」で取り上げられるのはいつも夏、培養には30度以上の温度が必要らしい。一応日の当たる場所に置いてはあるものの、ちょっと無理があるかもしれない。以前海水魚を飼っていたときの資材の中にヒーターが入っていたような気もするが、今のところ見つかっていない。米ぬかの発酵を模索中なので、そちらの発生する熱を使えればいいのだが。