8fd8b406.jpg


 以前水奉行から要請があったので、池に腐葉土を入れてみた。池の底には田んぼから避難させたアカガエルの卵が相当量入っていたのだが、今度は落ち葉のかけらが表面や水中に溜まり、底は見えなくなっている。いよいよ怪しい池になりつつある。このまま季節が過ぎていくと、そのうちに河童が棲み着くのではないかと期待される。

b7251076.jpg


 池自体は素掘り(+ベントナイト塗りつけ)だから、一部に米ヌカが溜まってい白くなっている程度の変化しか観測できないが、下流の田んぼの受水口のバケツの壁などは緑色に変わりつつあり、植物性プランクトンが発生している状況がみえる。すべての始まりはそれからだから、幸先がいいと思われる。
 本当は落ち葉などは山に行けばそれこそ山ほどあるんだが、農閑期とはいっても耕地を離れることは容易ではない。それが2箇所となると余計そうなるだろう。昨日の日曜日は借り畑に2往復したけれど、トータルで1万4千歩となった。