去年は2月に入居して3月に植え付けだったから、あまり細かく考えることもなく植え付けて、そして時期が来て収穫という感じであった。カミサンは考えていたかもしれないが、当初10キロくらいの種イモを買い、さらに格安の種イモを見つけて10キロ買い増しをしてようやく130平米の畑を埋めたくらいだったから、計画性は不足気味だったと反省すべきだろう。それで収穫はというと、160キロ程度だった。
 今回は借り畑の話がまとまって揺れ動いているが、そちらで当面やろうとしているのは1反歩前後になりそうだからジャガイモへの割り当ては300平米程度、自前の土地の分も入れると400平米程度になりそうだ。今年の3倍に相当する。あまり手はかからなかった記憶があるが、それは私がやらなかっただけで、実際には草取りや土寄せが必要だったはずだ。やはり省力化が求められるので、マルチを使うのは必要条件だろう。肥料は基本的にボカシを使うが、この広さだと100キロ程度、種イモについては80キロ程度を用意する必要がある。
 耕地については畝幅90センチ株間30センチ程度を考えているが、マルチの幅との兼ね合いを考えないと風が吹いたらめくれるようでは困る、よく考えよう。あと、マルチを使って土寄せをどうするかも調べておかねば。今週末は引き続き自由な時間がありそうなので、研修日というところだ。