以前このことを書いたが、まだ継続的に調べている。シンフォニアテクノロジー(旧名:神鋼電機)という会社が、家庭用(0.5~1.0KW)クラスの水力発電機を出しているというので見にいってみた(HP)。まだ実験段階ということで、「具体的な案件があれば下記弊社営業までお問い合わせください。」などと書かれている。本気で頼む人もまだ少ないのだろう。しかし、24時間連続で発電すれとすれば、バッテリーや100V交流変換装置などがあれば普通の家庭用電力はまかなえそう、当家の場合は川に設置するといいかもしれない。
 ちょっと考えているのは、沢水の利用だ。今は異常渇水状態だが、宅内で2m程度の落差は作ってある。この下の部分に小さな発電機を取り付けて、電気柵のバッテリーに充電できたらメンテナンスフリーになる。ということで、図書館から関連図書を借りて読んでみることにした。