ジャガイモは去年やったけれども、ほとんど初心者状態だ。ということで、オットリ刀で勉強中である。前に言葉では書いたが、畝の立て方を変えた状況を絵にしてみた。といっても、たいした絵ではない。

4a601e25.jpg


 一回目は、耕耘機に培土器をつけて、力任せに掘り進む方法だった。それで、山の部分に種芋を埋めようと思っていたが、どうも後の土寄せに苦労しそうだということで、やり変えた断面が下の絵である。今度は谷の部分にイモを並べていく。芽が出た後とそのあともう1回くらいは土寄せをする必要があるが、今回のようにしておけば耕耘機+培土器で土寄せができるはずだと考えている。
 借りる畑のほうにはネギがかなりの面積に植えられており、そこで一回土寄せの実験をしてみたいと考えている。耕耘機は車輪の間隔を変更できるようだから、ロータリーの幅くらいに狭めればやれそうだと思うし、ロータリーのカバーの角度を逆ハの字に変えれば土も両側に寄りそうだ。