dce2c8c8.jpg


 向かいの山にはイワツツジが一面に植わっている、盛りの時にはとても綺麗だ。中で、一本だけ花が早いものがある。まだ冬の延長の山の中で鮮やかな色がとても映えるので、去年もBLOGに取り上げたのだが、今年も咲いている。ほかよりも1ヶ月早く花をつけるこの樹は、営林署でも仕事をしていたらしい(この土地の)開拓者が、きっと山で見つけて移植したのだろう。この花を見て田んぼの準備を始める時期になったことを感じていたのではあるまいか。