続く雨で軽トラの荷台に積みっぱなしだった道具と材料を引っ張り出し、気になっていた籾を薄播きするための道具を試作してみた。育苗箱で育てたイネの苗は、横27.5㎜縦58.5㎜のマット状になっている。農機具屋N発動機のKさんからもらった田植機のセールスハンドブックによれば、田植機は縦に19ミリの長さを掻き取りながら横に24回(11.7ミリ幅)移動して次の段に移る。ということだから、縦に19ミリの間隔で籾を播けばいいのではないかと考えた。百円ショップで15ミリ幅の薄板があったので、これを4ミリの間隔を開けて角材に打ち付けた。

70ca407f.jpg


 できあがってみると、4ミリ幅では籾がギリギリという感じだ。今年この試作品でうまく薄播きを機械植えできる見通しがつけば、来年は間隔を5~6ミリにして作り直したいと思う。あと、もう一つの試作品の問題は、横の角材の部分には播けないということだ。これは播いたあと外して、手で補植をすることで今回はごまかす予定。この仕組みがうまくいけば、アルミのアングルで幅も確保して作り直すのである。

0996cfc1.jpg


 今年は、手でパラパラッと薄播きをしたものと、この道具で筋播きをしたものを両方育てて、比べてみるつもりだ。
 
 なお、去年は4号(560㎡)の機械植えで8枚の苗を使ったので、これを基準に考えて苗を作ろうとしている。
 1号  423㎡  コシヒカリ   7枚 (いずれも60g程度/枚)
 2号  288㎡  黒米      6枚
 3号  415㎡  コシヒカリ   7枚
 4号  797㎡  コシヒカリ  12枚
 少し余裕は見たつもりだが、黒米6枚とコシヒカリ26枚を用意しよう。浸種中の籾はかなり膨らんでいるが、このところの低温で様子見中のようである。今度の週末ぐらいが播く時期になるかな。