9ad4dd05.jpg


 今日は冬のような日だった。昨日に続けて1号の代掻き作業だ。大体の均しは昨日終わっているので、少し水位を下げて顔を出した土を散らして全体を水平にする作業を行った。昨年に比べると随分簡単で、もうほぼ終了いつでも田植えできるという感じになった。その延長で4号に移り、代掻きを始める。昨日もちょっとやっておいたが、まだ水面上に土が顔を出しているところが残っており、それの均しは手作業である。こちらも土は姿を消したが、4号についてはまだ全体的な不陸が残っており、西側が大体15cm位は低いようだ。去年はもう少し差が大きかったが、1年経ってもまだレベル差は解消していない。田植えまでの仕事になる。

c8607890.jpg


 それにしても代掻き作業は予想外に順調だ。1年目にかなり苦労したので、1ヶ月がかりくらいで1号と4号の代掻きをしようと考えていたのだが、3分の1くらいでできてしまいそうだ。GWまでにはちょっと時間的な余裕もできそうである。
 
36d3d85f.jpg


 
 ところで、今日のポチは長い角材を引っ張った。昨日の記事で私が引っ張っていたものをトラロープをそのまま機械に巻き付けてみたのである。これが結構役に立つ。水面下に沈んでいる土ならある程度は動かすことも可能である。去年はポチで走れば走るほど轍ができて田んぼのそこがひどい状態になったのだが、今年はちゃんと耕盤ができており、かなり走り回っても底を荒らすことはなさそうである。