飛行機が飛ばないなどのテレビニュースをみて対岸の火事のように思っていたが、遠い日本にいる我々の生活にまったく関係がないと思うのは間違いではないかと思い始めている。水蒸気爆発の結果、通常の火山灰よりももっと微細な物質が地球を取り囲んでいるらしいし、農家見習いとしてはそれが見過ごしていいものとも思えない。そもそも今年の天候は異常で既に野菜などの高騰傾向がある上に、その悪影響が追い討ちをかけるような事態もあり得る。とりあえずイモ類の残りであるサトイモとサツマイモをできるだけ増やすことと、日照不足や低温に強い野菜を作るという対策を立てておこう。
 最も気になるのはイネだが、これについてはいろいろ考えて結果をまた別記事としてまとめることにする。