追加の苗はいつもの農機具屋さんが運んでくれたようだ。管理者宛のコメントで連絡をもらった。どうもありがとうございました。どうしてもご近所の方々にネットワークが限られるため、夷隅勝浦エリアをカバーするネットワークをあてにできるので、大変助かります。
 
 ところで、苗の関係で急遽今週末にでも田植えを行う可能性が出てきた。田植機(ヤンマーAP200)のマニュアルによるとイネの丈は8cm(min)~25cm(max)ということなので、もともと当方で作り育てていた苗と貰った苗の生育状況を見てからの最終決定となる。なるべく大きくしてからと考えていたが、もう田んぼの苗代においているから、それならちゃんと田植えして管理する方がいいように思えてきた。
 現時点で田植えを行うとすると、苗代を作ってある1号(423㎡)とまだ若干の傾斜が残っている4号(797㎡)を除く2号(288㎡)と3号(415㎡)になる。昨年4号で田植機を使用した際には、当時の面積560㎡に対し8箱の苗を使用したので、一応2号と3号で10枚程度を使用するのではないかと考えている。昨年使用した際には、設定などはまったく視野に入っておらず実績の枚数が多いのか少ないのかもわからないのが実際のところだが、なるべく疎になるような設定をマニュアルから読み取ろうとしているところである。
 そのあとは4号、ここでは貰った苗の残りでほぼ足りるはずで、不足分を当家で作った苗で補うことになる。田んぼ自体がナスビのような形の1号については、薄播きにしてある当家のイネを使用して機械で植え、カーブの部分は黒米を手で植えることにしようと思う。去年は3号田んぼを黒米とコシヒカリで半分ずつとしたが開花の時期もずいぶんずれていたのでまったく問題はなかった。
 もうちょっとあとと考えて準備をしていたので、それぞれの田んぼには若干気になるところも残っているが、去年よりはよくなっているということで納得させ、いよいよ田植えの態勢に入ることにした。ただ、やっぱり天気は気になるところ。これじゃ苗もあまり育たない。