4号の深いところに植えた苗が水没していたので、まだ高いところの土が一部露出しているにもかかわらず、川からの揚水を見送って帰ってきたので、4号がさらに干上がるんじゃないかと心配していた。しかし、本日から明日にかけて雨が降るらしいので、何とか一安心というところだ。一旦水位が下がれば、顔を出せていなかった苗も一息つけるし、明日の雨で水が増えればちょうどよくなるんじゃないかな。まあ、期待通りにはなかなかいかないもののようだが。
 田んぼの吸水量は、田んぼの水位を上げると増え、下げれば減るという傾向もあるようだが、大体1.5立米前後が当農場の田んぼの必要水量らしいと思えてきた。これから収穫までの5ヶ月間、この数字と週間降雨量見通し、沢水の量の推定、川水の揚水量(4立米/時)、これらの方程式を毎週考えていくことになる。